ミスド×タニタのコラボ商品「ベジポップ」はダイエッターに嬉しいヘルシーおやつ

ダイエット中の人にとっては甘い物は大敵であり、ミスタードーナツなどのドーナツ類はカロリーも糖質も高くて絶対に食べられない!というイメージがありませんか?

私もそんなイメージがあるからこそ、ミスドのドーナツは好きだけれどもダイエット中は我慢しなければと思っている人間の一人です。

食べたい物を我慢しなければならないストレスは、身体に悪影響を及ぼす可能性もありますが、そうかと言って、カロリーの高いドーナツを食べるのも罪悪感があるというジレンマに悩まされています。

そんな甘い物を我慢できない人に嬉しい商品が発売されました。

ミスタードーナツタニタとコラボしてヘルシードーナツです。

その名も「ベジポップ」

ベジポップ

ベジポップ3個入り 216円(税込)

いわゆる野菜ドーナツという種類になるようですが、皆さんは野菜ドーナツと言われてどんなイメージをお持ちでしょうか?

ヘルシーなイメージもあるかもしれませんが、

ヘルシーだけど美味しくない
野菜の味がしない
野菜を使っている割には甘過ぎる

こんなマイナスイメージもありませんか?

今回はミスドとタニタの共同開発商品「ベジポップ」とミスドオリジナルのスムージー「グリーンスムージー」を試した感想をレポートしてみたいと思います。

ミスドもタニタも「身体によいものを」という共通の理念

「いいことあるぞ~ミスタード~ナツ♪」というキャッチフレーズが印象的なミスタードーナツは現在、健康志向の時代に求められる「からだにいいこと」を考える「からだに にじゅうまる」シリーズを展開しています。

一方、タニタはダイエット中の方には欠かせないアイテムとなっている体組成計のメーカーであり、更にタニタ食堂を展開して食へのこだわりを持ちながら、様々な企業とコラボして「健康をつくる」商品を開発・展開しています。

そんな「からだにいいもの」「健康」というキーワードで繋がった企業が開発した「ベジポップ」ですから、かなり期待できそうです。

ベジポップを実際に食べた感想

早速お店にベジポップを食べに行きました。

ベジポップは1個81円(税込)で販売されていますが、3個セットで買うと216円(税込)なので27円もお得に買うことができます。

私はベジポップが目的でしたので、ドリンクはコーヒーなどにしようかと思いましたが、メニュー表を見ると、「ベジポップ3個」と「グリーンスムージー」のお得なセットがありましたので、そちらを注文しました。

ベジポップ おやつセット

「タニタ監修 おやつセット」500円(税込)

3種類のフレーバーに使われている野菜

感想の前に、3種類あるベジポップはそれぞれどのような野菜が使われているのかをまとめてみたいと思います。

ベジポップ

「いちごとトマト」

にんじんパウダーを練り込んだドーナツ生地
いちごトマトの豆乳ホイップクリーム

「りんごとにんじん」

かぼちゃパウダーを練りこんだドーナツ生地
りんごにんじんの豆乳ホイップクリーム

「パインとほうれん草」

小松菜パウダーを練り込んだドーナツ生地
パインほうれん草の豆乳ホイップクリーム

ベジポップは見た目の通りふわふわ生地

ベジポップ

実際にお店でベジポップを見ると、「小さい!」というのが第一印象でした。
直径5cmぐらいで、男性なら一口で食べてしまえるかもしれないなと思います。

しかし1個のサイズが小さいので、少しずつ違う味を食べる事ができて、女性には喜ばれると思います。

ベジポップの生地はシュガーレイズドやエンゼルクリーム、ハニーディップなどのイーストドーナツのようなふわふわな生地でした。

この生地に野菜のパウダーが練り込まれていますが、濃い色の割には野菜自体の苦みなどはなく食べやすく感じました。

中には甘さ控えめ豆乳ホイップクリーム

中に挟まれているのは、野菜とフルーツの豆乳ホイップクリームです。

ベジポップ 豆乳ホイップ

このクリームは甘そうだなと思っていましたが、食べてみると甘さはかなり控えてあるようで、後味がさっぱりしていました。

生クリームが苦手な方も、この豆乳のさっぱりした甘さであれば、くどくなく美味しく食べる事ができるのではないかと思います。

この野菜にはこのフルーツが合うというように、しっかり考えられて作られているようで、特に「パインとほうれん草」の組み合わせは意外でしたが、どちらかが強い味になっているわけでもなく、ちょうどよいバランスで作られていると感じました。

野菜嫌いの人も抵抗なく食べられる

野菜の独特の味は全くと言っていいほど感じられませんので、野菜が苦手な方や、野菜嫌いの子供も美味しく食べる事ができると思います。

野菜好きの人には物足りない?

野菜嫌いの人にも美味しく食べられる一方で、野菜が好きで野菜の味を期待して食べる人にとっては少し物足りないと感じるかもしれません。

野菜が好きな私としては、もう少し野菜の味が感じられるといいのにと思いましたが、多くの人に食べてもらうには、このぐらいがちょうど良いのかもしれないと思います。

「ベジポップ」の栄養成分

ここでベジポップの栄養成分を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ベジポップ 栄養成分 アレルギー

出典:ミスタードーナツ

カロリーは1個65kcalととても低く、3種類すべて食べても195kcalと、200kcal以下に抑えることができます。

ミスタードーナツの定番商品のなかで低カロリーな商品と比較してみましょう。
カロリーだけでなく炭水化物の量も合わせて記載しました。

フレンチクルーラー:170kcal   炭水化物15.8g
エンゼルフレンチ:201kcal   炭水化物12.7g
エンゼルクリーム:206kcal   炭水化物19.8g
ポン・デ・黒糖:215kcal  炭水化物22.6g

出典:ミスタードーナツ

フレンチクルーラー系はカロリーも炭水化物の量も比較的低めのようです。
ポン・デ・リングシリーズは意外にカロリーも炭水化物量もあるように感じました。

これらの商品と同じぐらい低カロリーで、更に3種類の違うフレーバーが楽しめるベジポップは、ダイエット中でも罪悪感なく美味しく食べることができそうですね。

「ベジポップ」はカロリーコントロールしやすいおやつ

ベジポップは3種類とも1個あたりのカロリーは全て65kcalですが、これは自分で摂取カロリーを考えながらコントロールするためだそうです。

たとえば、今日は食事の量が多かったから1個にしようとか、今日はたくさん動いてカロリーを消費したから2個食べようという風にその日の自分の状況に合わせてコントロールしやすいように、すべて1個65kcalという数値にしたそうで、嬉しい配慮だなと感じました。

「グリーンスムージー」の感想

次に一緒に飲んだグリーンスムージーの感想も簡単に書いておきたいと思います。

ミスド グリーンスムージー

ベジポップと一緒に飲んだグリーンスムージーはタニタと共同開発ではなく、ミスドオリジナルのドリンクのようです。

グリーンスムージーの栄養成分

スムージーには2種類あり、私が今回飲んだ「グリーンスムージー」の他に「フルーツミックススムージー」があります。

ミスド スムージー

「フルーツミックススムージー」は「からだに にじゅうまる」のシリーズではないようですが、ここでは比較のためにスムージー2種類の栄養成分を確認しておきましょう。

ミスド グリーンスムージー 栄養成分

出典:ミスタードーナツ

「フルーツミックススムージー」の方は、カロリーも高く、炭水化物も40.0gありますので、ダイエット中の方は、「グリーンスムージー」をチョイスされた方が良さそうですね。

私が注文した「タニタ監修 おやつセット」は「グリーンスムージー」のみが対象のようですから注意して下さい。

「グリーンスムージー」は甘くて飲みやすい

ミスド グリーンスムージー

まず、見た目はどろどろっとしているなと感じました。サラサラ系ではなかったです。

使われている野菜は「りんご、にんじん、小松菜、ケール、キウイ」でしたが、実際に飲んでみたところ、小松菜やケールの独特な野菜臭さは全く感じず、甘くてフルーツの味が強いと感じました。

また酸味もほとんどなかったので、野菜嫌いの人や酸味が苦手な人もごくごく飲めると思います。

一方で、甘さ控えめが好きな方にとっては、甘さが強すぎると感じるかもしれません。

しかし、ベジポップが甘さ控えめなので、私はちょうど良いと感じました。

「おやつセット」はカロリーは低めだが炭水化物の量は多い

「ベジポップ3個」と「グリーンスムージー」を合わせたカロリーは299kcalで、オールドファッションが1個328kcal、ハニーディップが230kcal、ポン・デ・リングが232kcalという事を考えると、低めに抑えられていると思います。

しかし、炭水化物の量で考えると、合計で50.7gになります。

炭水化物の量
ベジポップ3個:25.5g
グリーンスムージー:25.2g

炭水化物の中には、糖質と食物繊維が含まれますので、炭水化物としか表示がない場合、糖質と食物繊維のどちらがどのくらい入っているかまでは分かりません。

ダイエットに欠かせない食物繊維の量が多ければ嬉しいですが、糖質が多いようだとダイエット中の方は注意が必要になります。

また、炭水化物の1日の摂取目安量については明確な数字はありませんが、ダイエット中であれば1日30~50gに抑えると効果的と言われる事がありますので、そう考えると、この「おやつセット」だけで、1日分の炭水化物を摂取してしまうことになりますね。

この「おやつセット」を食べる時には、他の食事の際の炭水化物の摂取量に気をつける必要がありそうです。

ダイエットプランや食事に合わせて取り入れ方を工夫

ベジポップ

私は今回「ベジポップ」に合わせるドリンクを「グリーンスムージー」にしましたが、普段から野菜を摂取している人であれば、合わせるドリンクは無糖のコーヒーや紅茶などにすると摂取するカロリーや炭水化物の量を抑えることができると思います。

しかし、野菜不足が気になる方は「ベジポップ3個」と「グリーンスムージー」のセットの方がお得ですし、野菜不足解消にもつながります。

ダイエットにはドーナツは大敵と思っていた方々にとって、カロリー計算がしやすい「ベジポップ」は厳しいダイエット生活の中で、罪悪感のないご褒美おやつ的な存在になってくれそうです。

カロリーが低いからと言って食べ過ぎてしまっては理想的な体型には程遠くなってしまいますので、自分のダイエットプランに合わせて上手く取り入れられてみてはいかがでしょうか。

実際に全部試した俺が発表するダイエットサプリランキング

今まで相当数のダイエットサプリを自腹を切って購入し、自身の体で試してきた管理人がおすすめダイエットサプリランキングTOP10を発表! ダイエットサプリランキングTOP10はこちら

あなたにおすすめの記事

スポンサードリンク

コメントを残す