明治プロビオヨーグルトR-1シリーズ「ダイエット向きなのはどれ?」全種徹底解剖

以前、「明治プロビオヨーグルトPA-3」という商品のレビューを書きましたが、この明治のプロビオヨーグルトシリーズには他にも「R-1」そして「LG21」というシリーズがあります。

【「明治プロビオヨーグルトPA-3」の記事はこちら↓】

幼稚園児も笑顔になる『明治プロビオヨーグルトPA-3 』レビュー

「プリン体と戦う乳酸菌」という言葉に惹かれて、「これはダイエットに効きそうだなぁ~」と購入してみたこちらの商品。「明治プロビオヨーグルトPA-3」プリン体は肥満に繋がりそうなイメージを持っていた私ですが、でもちょっと待てよ……⇒続きを読む

今回はそのうちの「R-1シリーズ」について取り上げてみたいと思います。

R-1シリーズには、ドリンクタイプと固形ヨーグルトタイプがそれぞれ4種類ずつあります。

まず、ドリンクタイプです。
明治プロビオヨーグルトR-1
写真左から、
「プレーン」「低糖・低カロリー」「アセロラ&ブルーベリー」「グレープフルーツミックス」

次に固形ヨーグルトタイプです。
明治プロビオヨーグルトR-1
写真左から、
「プレーン」「低脂肪」「砂糖0ゼロ」「ブルーベリー」

ドリンクタイプと固形タイプと全く同じフレーバーではなくて、若干違いがありますね。

R-1ヨーグルトは、パッケージにも「強さひきだす乳酸菌」と書かれてあるようにインフルエンザの予防になるということで有名になったので、皆さんも良くご存じだとは思いますが、ここでもう一度R-1ヨーグルトとはどういう商品で、どのような効果が期待できるのかをまとめてみたいと思います。

R-1ヨーグルトの効果について

R-1とは何か?

R-1と省略して呼ばれていますが、正式名称は乳酸菌1073R-1というブルガリア菌のひとつであり、この乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルト製品がR-1という商品名で売られているようです。

R-1ヨーグルトに期待される効果

R-1ヨーグルトにはどのような効果が期待できるのでしょうか。
明治のホームページには以下のような記載があります。

「この乳酸菌1073R-1はEPSという多糖体を多く産生することが特徴で、このEPSは生体に対して免疫機能を活性化することが分かっている」

「乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトに、NK活性増強効果や風邪症候群への罹患リスク低下効果、さらにはインフルエンザの抑制効果の可能性があることがわかりました」

難しい言葉で書かれてありますので、分かり難い言葉について少し解説を加えながらR-1ヨーグルトの効果についてまとめてみます。

NK細胞とは何か?

「NK活性増強効果」という言葉がありましたが、これは「NK細胞の活性化を増強する効果」と言い換える事ができます。

NK細胞はナチュラルキラー細胞と呼ばれ、皆さん一度は名前を聞いたことがあると思いますが、体の免疫機能で重要な役割を担っています。

体に侵入した病原体を攻撃する免疫細胞はいくつかありますが、このNK細胞は、ウィルス感染した細胞を見つけると真っ先に攻撃し破壊してくれます。

つまり、このNK細胞がしっかりと働いてくれていれば病気になりにくいという事です。

R-1ヨーグルトは、このNK細胞の活性化を促進する効果があると書かれていますが、それには次に説明するEPSという物質が深く関わっています。

EPSとは何か?

EPSという言葉を聞かれた事があるでしょうか?
私は初めて聞きましたので、少しその意味について調べてみました。

EPSとは多糖体の事である

EPSは多糖体という意味で、文字通り複数の糖が結合してできる物質です。

多糖体はゲル状で粘質性があるそうで、体内において細胞形成の重要な要素であったり体組織の成分となったりと人間だけでなく生物に欠かせない成分なのだそうです。

ヨーグルトは少しねばねばしていますよね?
それはこの多糖体の性質のためのようです。

多糖体は多くの植物に含まれていて、特にきのこや海藻類に含まれている多糖には免疫力を高める効果があると言われていましたが、R-1ヨーグルトも乳酸菌1073R-1の働きにより、多糖体が多く作られています。

EPSの効果 NK細胞の活性化で免疫力アップ

EPSの中でも特に酸性の多糖には、NK細胞の活性を高める効果があると言われています。

R-1ヨーグルトの素になっている乳酸菌1073R-1はEPSを多く産生するのが特徴ですから、R-1ヨーグルトを食べていればNK細胞の活性を高める効果が期待できると言われるのも頷けると思います。

そしてNK細胞の活性が高まるという事は、病原体が身体に侵入してもNK細胞がすぐにウィルスに感染した細胞を攻撃し破壊してくれるため、病気になりにくいという事にも繋がります。

実際に山形県と佐賀県で健康な高齢者を対象とした試験も行われていて、R-1ヨーグルトを摂取していた人達にはNK細胞の活性について一定の効果があったことも明治のホームページで紹介されていました。

また、マウスを使った実験でもインフルエンザを抑制する効果が確認されているとのことです。

R-1ヨーグルトの原材料と栄養成分について

このように体の免疫アップをサポートしてくれるR-1ですが、同じR-1シリーズでも、原材料や栄養成分については違いがありますので、それぞれ比較してみましょう。

ドリンクタイプの原材料と栄養成分

明治プロビオヨーグルトR-1 栄養成分
明治プロビオR-1ドリンク栄養成分
原材料については、果汁を使っているかどうかや、甘味料の違いなど細かい違いが見られます。

ダイエットしている方にとって気になるのはカロリーだと思いますが、「プレーン」が76kcalと一番高く、他の3種類は50~55kcalでほぼ同じぐらいの値です。

また、炭水化物もプレーンが13.9gという値に対して、残りの3種類は10g以下の値と低くなっています。

糖類についても、「低糖・低カロリー」が7.4gに対して、「プレーン」は13.9gと、ほぼ2倍の値になっています。

「アセロラ&ブルーベリー」と「グレープフルーツミックス」は糖類の表示がありませんでしたので分かりませんでしたが、ダイエット中でカロリーや糖質を気にされている方は、「プレーン」よりも「低糖・低カロリー」や、カロリーの低いフルーツ味の2種類を選ばれた方が良さそうですね。

固形タイプの原材料と栄養成分

明治プロビオヨーグルトR-1 固形 栄養成分
明治プロビオヨーグルトR-1固形タイプ 栄養成分

ドリンクタイプと同じく、カロリーは「プレーン」が一番高いようです。
「砂糖0ゼロ」が一番低く55kcalで、ドリンクタイプの「アセロラ&ブルーベリー」や「グレープフルーツミックス」と同じ数値ですね。

脂質についても、「プレーン」は「低脂肪」や「砂糖0ゼロ」の1.6gという数値の約2倍の3.4gあります。
ブルーベリーはパッケージにも記載がある通り、脂肪は0gです。

糖質と食物繊維については、「砂糖0ゼロ」にのみ表示がありましたので比較する事ができませんが、「砂糖0ゼロ」という商品名であるものの、糖質は10.7gは含まれている事がわかります。

ここで不思議に思いませんか?

「どうして砂糖不使用なのに、糖質は10.7gあるのか?」

砂糖ゼロなのに糖質が10.7gとはどういうこと?

「糖質」というのは「炭水化物から食物繊維を除いたもの」の事で、オリゴ糖やデキストリンなどの多糖類、キシリトールなどの糖アルコール、スクラロースなどの人工甘味料も含まれます。

そして、「糖類」というのは「糖質」という大きいグループの中の「単糖類または二糖類で糖アルコール以外の物」です。
具体的には、ショ糖(砂糖)やブドウ糖、果糖などです。

つまり、炭水化物の中に糖質があり、その糖質のなかに糖類が含まれるという事になります。

ここで、R-1ヨーグルトの栄養成分表示に戻りますが、「砂糖0ゼロ」タイプは、表示にもある通り「ショ糖」(砂糖)という糖類は0gであるものの、甘味料(スクラロース)が使われていますので、糖質は含まれている事になります。

また、牛乳や乳製品に含まれる炭水化物の中にも糖質は含まれています。

スポンサードリンク

そのため、「砂糖0ゼロ」であっても、糖質10.7gという表示になる訳です。

糖質ゼロ、糖類ゼロという言葉をよく見かけますが、甘味料などの糖質も全てカットしたい場合には、糖類ゼロではなく、糖質ゼロを選ばれる方が良いという事になりますね。

今回のR-1シリーズの固形タイプの中では、カロリーが一番低いのは「砂糖0ゼロ」タイプであり、脂質も低いので、ダイエットしている方は「砂糖0ゼロ」タイプを選ぶのが良さそうです。

明治プロビオヨーグルトR-1シリーズの口コミ・評判

次に、明治プロビオヨーグルトR-1シリーズを実際に購入した事のある方々の口コミや評判をまとめてみました。

明治プロビオヨーグルトR-1シリーズに対して高評価の方々の口コミレビュー
○効果はかなりあると思ってます。現に、前は月一で風邪を引いていたような人が、これを飲み始めてから全くひいてません。
○アレルギー性も、ウィルス性も全て効果あり。免疫力強化で最高のヨーグルトです。
○比較的、便秘ぎみの体質が改善されてきたので、今後も続けたいとおもいます。
○味はブルーベリー風味でおいしいと飲む度に実感していました。
○いつも購入してましたが、父に「なんでそんな高いの買うの?」と聞かれ近所のスーパーの価格を見たらはるかに安かったです。
○このシリーズの新製品として低糖タイプが発売されていて、今回はそちらを購入しました。味的にはさほど変わりなく満足しています。
明治プロビオヨーグルトR-1シリーズに対して低評価の方々の口コミレビュー
●これ自体は美味しいし、いいと思うのですが、賞味期限があるのでまとめ買いは注意です。1週間ではこの量を飲みきるのは難しい。
●去年の冬、インフルエンザにかからないと聞いて、息子に飲ませてましたが、インフルエンザになりました。全く飲まなかった娘はインフルエンザにかからずいました。薬ではないので、免疫力を高めるために飲むのが良さそうです。娘はまめに手洗いうがいをしていたので、その方が効果的かもしれません。
●高校受験に備えて、息子に毎日飲ませ始めました。インフルエンザの予防効果があると聞いたからです。1週間飲ませたのに、今日インフルエンザA型と診断されました。
●普通に安い!と思って頼みましたが、クール便の送料分で、近くのスーパーで買った方が安くなった。
●賞味期限一週間ちょっとで、家族3人で48本は結構きついかなぁ…。でないと、送料無料にならないし…。

味に関する評価

味自体は、皆さん飲みやすいと評価されています。

ドリンクタイプも固形タイプも口コミのほとんどは「プレーン」についてのものが多く、それ以外の種類については口コミが少ないように感じましたが、味についての悪い口コミは見られませんでしたので、どの種類を選んでも美味しく摂取する事ができそうです。

インフルエンザ予防との関連性について

インフルエンザの予防になるという事でR-1ヨーグルトを購入する方が多いですが、実際に効果があるという口コミもあれば、インフルエンザになってしまったという口コミも見られます。

これを飲んでいるから絶対に風邪をひかない、インフルエンザにならないというものではなく、あくまでも免疫力アップのためのサポートという風に考えておいた方がよさそうですね。

一番お得に購入できるのは?

私は大型SC内のスーパーで購入しましたが、ドリンクタイプも固形タイプも全て135円(税込)でした。

アマゾンの口コミでは値段が高いという口コミも見られましたので、アマゾンのサイトをチェックしてみましたが、24本、36本、48本などの大量注文でほぼ同じ値段のようですが、送料を考えると、ネットで注文するから安いとは限らないので、近くのスーパーで売られている値段もしっかりチェックする必要がありそうですね。

また賞味期限が短い商品のため、ネットで大量注文しても消費しきれないという問題もあるようです。

一人暮らしの方や、2~3人の家族で消費する場合には、近くのお店でこまめに購入する方が、賞味期限を気にせずに済みそうですね。

実際に明治プロビオヨーグルトR-1シリーズの全種類を試飲・試食してみました

R-1ヨーグルトのドリンクタイプと固形タイプをそれぞれ別の日に試してみました。

ドリンクタイプを飲んだ感想

ドリンクタイプの4種類について、どのような味の違いがあるのかを確かめる為に実際に飲んでみました。

明治プロビオヨーグルトR-1 ドリンク

色は「アセロラ&ブルーベリー」が薄いブルーベリー色をしている他は、見た目はほぼ同じですね。

味についてですが、「プレーン」が一番甘かったです。
これは、甘さ控えめが好きな私にとってはかなりの甘さで、少しびっくりしました。

カロリーが一番高いのも分かる気がします。

「低糖・低カロリー」は「プレーン」に比べると甘さは抑えられていましたが、私は、これでもまだ甘いなぁと感じるぐらいでした。

「アセロラ&ブルーベリー」と「グレープフルーツミックス」は飲む前の香りがフルーティーでしたが、味はそれほど濃い感じはなく、酸味も抑えられているように感じました。

また、フルーツの風味の為でしょうか、甘さもそれほど感じることなく、すっきりとした飲み心地で飲みやすく感じました。

ダイエット中の方は、カロリーが低めの「低糖・低カロリー」がおすすめですが、味に物足りなさを感じる時にはフルーツ味のものをローテーションで取るようにすると、飽きずに毎日続けられそうです。

固形タイプを食べた感想

別の日に固形タイプのヨーグルトを食べてみました。
子ども達と公園に遊びに行った時に食べたので外での写真となっています。

明治プロビオヨーグルトR-1固形

左から「プレーン」「低脂肪」「砂糖0ゼロ」「ブルーベリー」です。

ブルーベリー以外の見た目は同じですね。
スプーンですくった時の感じは、ブルーベリー以外はしっかりした固さがありました。

明治プロビオヨーグルトR-1固形

ブルーベリーは少しとろとろする感じがありました。

明治プロビオヨーグルトR-1固形

味は、ドリンクタイプと同じで「プレーン」が一番甘く感じました。
「ブルーベリー」も甘さがありますが、ブルーベリーの酸味ともうまく中和されているようで、「プレーン」ほどの甘ったるさは感じませんでした。

「低脂肪」と「砂糖0ゼロ」は、ドリンクタイプと違って甘みはあまり感じず酸味が強いように感じました。

私は甘さが控え目でも大丈夫ですが、一緒に食べていた子どもたちは、この2種類は美味しくないということで敬遠していて、特に「砂糖0ゼロ」の方は全く食べようとしませんでした。

しかしダイエット中の方は、脂肪分や糖分を気にすることなく食べる事ができる「低脂肪」や「砂糖0ゼロ」、もしくは脂肪0gの「ブルーベリー」を選ばれるのが良さそうですね。

ドリンクタイプも固形タイプも乳酸菌の働きに違いはない

ドリンクタイプと固形タイプで何か大きな違いがあるのかと思いましたが、明治のホームページには以下のような記載がありました。

プロビオヨーグルトは、ドリンクタイプ、固形タイプ共に1商品当たり、同等量の1073R-1乳酸菌が含まれています。乳酸菌が作り出すEPS(多糖体)の量も同等です。
乳酸菌の働きに違いはありませんので、お好みに合わせてお選びください。

乳酸菌の働きに大きな違いはないようなので、どちらでも自分の好みで選んで良さそうです。

外でも手軽に飲めるのはドリンクタイプなので、忙しくてゆっくり食べている時間がないという方にはドリンクタイプが良いかもしれませんね。

逆に置き換えダイエットや食事の後に食べたいという方には、固形タイプの方がお腹にたまり満足感を感じられるでしょう。

ダイエット中はカロリーや糖分に注意しよう

明治プロビオヨーグルトR-1

食事制限や激しい運動をしながらのダイエットは、栄養バランスも偏り、ウイルスに対する抵抗力も弱くなりがちです。

便秘解消など腸内環境改善に特化したヨーグルトは他にもあるでしょうが、健康的なダイエットの為にR-1を摂取する人もいるのではないでしょうか。

そのような方達がR-1を摂取するのでしたら、ドリンクタイプも固形タイプも「プレーン」はかなり甘さが強いので避けた方が良いでしょう。

ドリンクタイプでしたら「低糖・低カロリー」、固形タイプでしたら「砂糖0ゼロ」タイプは、カロリーや糖分も低めで、甘さも控え目ですので、ダイエット中の人が摂取してもそれほど神経質にならずにすむのではないかと思います。

病気になってしまってはダイエットどころではありませんので、健康的なダイエットで理想的な体型に近付くためにも、栄養バランスのとれた食事と、適度な運動を基本にしながら、R-1ヨーグルトのような免疫面をサポートしてくれる食品をうまく活用していきたいですね。

実際に全部試した俺が発表するダイエットサプリランキング

今まで相当数のダイエットサプリを自腹を切って購入し、自身の体で試してきた管理人がおすすめダイエットサプリランキングTOP10を発表! ダイエットサプリランキングTOP10はこちら

あなたにおすすめの記事

スポンサードリンク

コメントを残す