「砂糖中毒」について理解しよう

角砂糖「砂糖中毒」っていうと、その名のごとく砂糖を欲する状態になっちゃっている様子を想像してしまいますが、現実的にはダイエッターの方が激しい食事制限をした後に、無性に甘いものを欲しがる状態が砂糖中毒と言えます。

その砂糖中毒について面白い記事があったのでココで紹介しておきたいと思います。砂糖中毒について正しい理解をし、皆さんのダイエットに役立ててくださいねcake

楽しいイベントがめじろ押しの夏本番を目前に控えて、「ダイエットしなくちゃ!」と意気込んでいる女性は多いのでは?「今年こそは水着を堂々と着こなしたい!」と決意しているものの、万年ダイエッターの筆者。いつもダイエットを失敗してしまうんです。そして、その理由もわかっています。

それはズバリ!「ドカ食い」

一気に減量の結果を出したいあまりに、無理な食事制限をしてふらふらに。すると、ちょっとしたはずみでバババーッと、甘いものをドカ食いしてしまうんです。そのときの快感ったら、もう!
しかしその後は胃痛と自己嫌悪に陥る、お決まりのパターン。せっかく少し減量できたのに、また振り出しに戻っちゃった……という、負のスパイラルにはまっているのです。

それにつけても、甘いものをドカ食いしているときに感じる快感は一体なに?……と調べていたところ、それはどうやら“砂糖中毒”になりつつあるからと判明したのです!

◆砂糖中毒ってなに?
甘いスイーツだけに限らず、ジュースやパンなどの炭水化物、ケチャップなどの調味料やウインナー、ハム、ベーコンなどの加工食品の中にも砂糖は含まれています。

砂糖を食べると、脳からドーパミンやセロトニンなどの脳内物質が分泌されます。これらは、私たちに快感や癒やしを与えてくれるもので、麻薬と似たような性質を持っているのです。もちろん、脳内物質自体は決して危険なものではありません。でも、あなたの脳が無意識のうちに「脳内物質を出したいから、砂糖を取らなきゃ」と認識してしまったら……?

私たち現代人が食べる物は、砂糖がたっぷり含まれているものばかり。そのため、知らず知らずのうちに脳が砂糖による快感を求めるようになり、結果砂糖中毒になってしまうというのです。

チョコレート◆脳の唯一の栄養というのは間違いだった?
栄養素について詳しい人の中には、「脳のエネルギー源となるぶどう糖は、砂糖からしか摂取できないんでしょ?」「砂糖を減らすと、勉強や仕事に支障が出るのでは?」と、思う人もいるかもしれませんね。でもそれは大きな間違い! 

砂糖を摂取すると、体内では急激に血糖値が上がり、そしてまた急激に下がります。実は血糖値が急激に下がると、眠くなったり集中力がなくなったりするのだそう。昼食をおなかいっぱい食べると、午後になって眠くなるのは、そのせいというわけです。

◆イライラしやすくなる?
イライラしたときにチョコレートを食べると、ホッとするという人はいませんか? これは逆に考えると、砂糖中毒の禁断症状が出ているからかもしれません!空腹中に甘いものを食べると血糖値が激しく上下します。すると眠くなったり、集中力が切れたりするばかりでなく、イライラしやすくなってしまいます!

◆ダイエットしても痩せないからだになってしまう!?
人間の歴史は長い間、飢餓との戦いでした。私たち日本人が、糖分の多いものをたくさん食べられるようになったのはつい最近の話です。人間は本来、砂糖をたくさんは代謝できません。体内に脂肪としてため込み、もしものときのエネルギー源にしているのです。

ケーキ◆シミ、シワ、たるみの原因に!
砂糖中毒の恐ろしさはそれだけではありません。
砂糖を必要以上に摂取すると、体内のたんぱく質と結びついて健康なたんぱく質が劣化してしまう、“糖化”という現象が起こります。これはいわゆる人体の老化現象。人の肌や髪は、ほとんどがたんぱく質でできています。そのため糖分をとり過ぎると、髪がパサパサになる、肌の弾力を奪われる、シミやシワ、たるみなどができるというのです。

◆砂糖中毒になりそう、なってしまった場合はどうすればいいの?
とにかく意識して砂糖を減らしていくこと! そして、急激に血糖値をあげるような食事はさけることが大切。
血糖値の上昇をふせぐには、昆布などの海草類を食べると効果あり!小腹が空くのを軽減し、血糖値を安定させてくれます。
日頃から砂糖への依存を減らして、ドカ食い衝動を忘れてしまいましょう! そうすれば、夏までにヘルシーボディをゲットするのも夢ではありません!
(YUE /プロップ・アイ)

引用元:http://news.ameba.jp/20140709-60/

いかがでしたでしょうか?特に食事制限ダイエットを行っている方は要注意。ダイエットに成功した安堵感でその後急激に甘いものを食べてしまうと痩せにくい身体になったり、糖化現象が起こり老化の要因にもなりかねません。

もちろんダイエットには食事制限が効果的なのですが、やはり一番はきちんと食べてきちんと運動するという健康的な生活が良い循環を作りだしてくれるのだと僕は思いますok_hand

実際に試したダイエットサプリの中で一番のおすすめを紹介

今まで相当数のダイエットサプリを自腹を切って購入し、自身の体で試してきた僕が最も痩せたおすすめダイエットサプリを紹介します。

⇒【2018年版】最も痩せたダイエットサプリ

⇒【2017年版】最も痩せたダイエットサプリ

あなたにおすすめの記事

コメントを残す