正月太り対策~ダイエットと睡眠~

正月と言えば、とにかく食べたり飲んだりする機会が多くなるもの。僕も今日祖父の家に行き、おせち料理を美味しく頂きましたが、気になるのは体重ですよね。

僕の場合はアルコールはあまり飲めないのでそちらの心配は無いのですが、とにかく美味しいものをバクバク食べてしまう傾向にあるので注意が必要です。

しかしこのめでたい席でダイエットのことを気にして飲み食いをセーブするのもなかなか上手くいかないもの。そういう経緯から正月太りが起こるわけですが、少しでも正月太りを解消するために今日は食事制限や運動以外の正月太り対策をお伝えしたいと思います。

肥満と睡眠の密接な関係

眠る女性実は肥満と睡眠には結構密接な関係があるようです。簡単に言いますと、睡眠不足の方は肥満体質になりやすいのです。

これは科学的なデータがあり、精神科医の奥田弘美氏によると、その原因は睡眠が不足することにより、食欲を湧かせるホルモンであるグレリンが分泌されるため、やたらとお腹がすいてしまうかららしいのです。また、満腹中枢を刺激して食欲を抑えるホルモンであるレプチンが低下するため、普段より食べすぎてしまうということがわかっています。

その他にアメリカでは睡眠不足になると余計に太る原因となる甘いお菓子やパスタやパンなどの炭水化物が欲しくなるという報告もあります。

具体的に必要な睡眠時間は7時間程度で、5時間以下しか寝ていない人は要注意とのこと。平均睡眠時間を7~8時間とっている人に比べて、4時間以下の人は73%も肥満になる確率が高く、5時間の人は50%、6時間の人は23%肥満になりやすいというデータもあります。

睡眠不足はストレスが溜まり悪循環を引き起こす

人間なら生活していたら誰しもストレスが溜まるものですが、ストレスを解消するために一番効果的なのは睡眠です。

あなたの周りにも毎日5時間未満の睡眠の人っていませんか?そういう人はいつもピリピリしていませんでしょうか?

僕にはバーを経営している知り合いがいるのですが、その人は朝方5時まで毎日頑張って経営しており、睡眠不足でいつも目にクマを作っています。そしてその人はちょっとしたことですぐに怒ってしまいます。

ストレスが溜まるとそのストレスを食で解消しようとして食べすぎ、そして太る。まさに悪循環ですよね。

こうして考えるとダイエットと睡眠ってかなり密接な関係があると思います。

現代社会では仕事などで夜更かしをする人々が増えてしまいましたが、もしかしたら昔の人々に比べて肥満体質が多くなったのはそれが原因かもしれませんね。

もし今ダイエット中だけど5時間くらいしか寝ていないなという方がいらっしゃいましたら、もう2時間余計に寝るように心掛けてみると楽にダイエットできるかもしれませんねsmiley

(参照元:http://yukan-news.ameba.jp/20150102-19/)

人気の記事はこちら

コメントを残す