『ビオケア』ダイエッターのために生み出された乳酸菌系サプリ

皆さんこんにちわ。僕は去年に引き続き、今年も北海道マラソンに参加する予定でして、今は3日に一度のペースで10km程度のランニングを行っています。

10kmも走っているのであれば、さぞ痩せるのだろうと思われますが、この歳(35)になるとホント痩せないんですよ。特にお腹。

若いときは代謝が良いので、腹筋を使わないランニングでも、やればお腹も一緒に痩せたと思うのですが、今は全然です。

そんな僕にズバッと刺さったのが「ぽっこりお腹が気になる方に」というキャッチフレーズと共に掲載されていた下の漫画です。

ビオケアの漫画

これはビオケアという乳酸菌系ダイエットサプリの販売ページに掲載されていたものです。

ビオケア

これまでにも乳酸菌系のダイエットサプリをご紹介してきましたが、ビオケアの販売ページには「ダイエッターに役立つ成分を生きて届けます」ということも書かれており、より一層ダイエットにフォーカスを合わせた乳酸菌サプリだということが伺えます。

今日はこのビオケアのダイエット効果や口コミ・評判などについてみていきたいと思います。

ビオケアの原材料

まずはビオケアの原材料からピックアップしてみましょう。

乳酸菌末(殺菌)、ビフィズス菌末、デキストリン、生コーヒー豆エキス末、結晶セルロース、HPMC、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ゲル化剤(ジェランガム)、微粒二酸化ケイ素、着色料(二酸化チタン)、リン酸三カルシウム、(原材料の一部に乳を含む)

ビフィズス菌、デキストリン、珈琲、結晶セルロースなど、ダイエット成分として代表的なものが多い印象です。

HPMC(ヒドロキシプロピル メチルセルロース)

HPMCというのは聞いたことが無かったので調べてみましたが、増粘が主なはたらきらしいことから、サプリの形状を保つために使われている成分のようです。しかし人工的なものではなく、天然ポリマーが原料の安全性の高い成分だそうなので安心できます。一般的な化粧品や食品添加物として広く利用されているようです。

スポンサードリンク

二酸化チタン

あとは着色料の二酸化チタンが気になりますね。二酸化チタンは食品を白くする効果があるらしいです。心配なのは安全性・副作用などについてですが、調べてみたところ、動物実験により毒性があることが明らかになっているようです。なんでも妊娠合併症、発がん性、アルツハイマーなどの心配があるとか…。使用している量は微々たるものだと思いますが、頭の片隅に入れておいた方がよさそうです。

ビオケアの口コミ・評判

次に実際にビオケアを試された方々の口コミレビューを見てみました。

ビオケアは楽天とアマゾンで販売されており、アマゾンにはまだレビューが一件も投稿されていませんが、楽天には4件ほど口コミが投稿されていました。そのうちから高評価と低評価の口コミをそれぞれ1件ずつ掲載しておきます。

ビオケアに対する高評価の口コミ
ビオケアを飲み初めて2ヶ月、とてもお腹の調子が良くていい感じです。
ビオケアに対する低評価の口コミ
3ヶ月続けましたが効果があるのかどうか…おなかがゆるくなったりと調子がよくなかったです。

綺麗に意見が分かれています。効果の感じ方は人によるということの典型的な例ですが、低評価を付けた方も「お腹が緩くなった」と口コミしていることから、影響はしっかり体に現れているようです。低評価の方はちょっと効きすぎてしまったようですね。

まとめ

現在、まだビオケアに関する口コミ件数が少なく、未知な部分が多いですが、取りあえず今のところは腸に対して少なからず影響はあるようなので、便秘にお悩みの方などは使用してみる価値があるかもしれません。

気になる料金価格ですが、31粒(1ヶ月分)で3300円~3800円程度です。楽天・Amazon共にセット購入での販売もあり、そちらだと単価が安くなっているので、初めは単品で試してみて、効果が実感できるようだったらセット購入するという買い方がよいでしょう。

ビオケアの飲み方についてですが、販売サイトには「1日1~2粒を目安に水などで噛まずにお召し上がりください」と書かれています。もし1粒で効果が実感できない場合は2粒に増やしてみるといいですね。

実際に全部試した俺が発表するダイエットサプリランキング

今まで相当数のダイエットサプリを自腹を切って購入し、自身の体で試してきた管理人がおすすめダイエットサプリランキングTOP10を発表! ダイエットサプリランキングTOP10はこちら

あなたにおすすめの記事

スポンサードリンク

コメントを残す