メディスキンの「肌の保湿力を高めるサプリメント」を20日間摂取して肌状態の変化を考察

ダイエット中は、体重や体型の変化はもちろんですが、女性なら肌の状態も気になるところだと思います。

せっかくダイエットに成功してもお肌がぼろぼろでは喜びも半減してしまいますよね。

そんな残念なことにならない為に、外側からのスキンケアはもちろん身体の中からもケアが欠かせません。

身体の内側から肌状態を綺麗に保つ効果が期待できるサプリメントが販売されています。

メディスキン 肌の保湿力を高めるサプリメント

メディスキン「肌の保湿力を高めるサプリメント」(40粒入り)

 
メディスキンというのは、福岡の東洋新薬という会社の商品で、他にも色々なシリーズが販売されています

東洋新薬 機能性表示食品

出典:東洋新薬

今回は「肌の保湿力を高めるサプリメント」を取り上げ、どのように肌の保湿力を高めてくれるのかを調べ、実際に飲んで肌状態がどのように変化したかをまとめたいと思います。

東洋新薬とは?

このサプリを製造販売している「東洋新薬」について少し調べてみました。
健康食品や化粧品を製造している会社のようです。

東洋新薬

出典:東洋新薬

そして驚いたことに、トクホの許可取得数が1位であること、そして機能性表示食品の実績でも1位であることから、これらの商品にとても強い会社であることが分かります。
東洋新薬 トクホ許可取得ランキング

出典:東洋新薬

東洋新薬 機能性表示食品実績順位

出典:東洋新薬

有効性や安全性が求められるトクホや機能性表示食品を作りだすことは簡単ではありませんので、どちらの分野でも多くの種類の製品を生み出しているというのは、それだけ商品開発、研究に力を入れて実績を上げているのだと思われます。

化粧品ではフォーマルクラインというブランドが有名で、一度は名前を聞かれた方もいるかもしれませんね。

「肌の保湿力を高めるサプリメント」の原材料と栄養成分

今回取り上げる「肌の保湿力を高めるサプリメント」の原材料と栄養成分はこのようになっています。

原材料名

メディスキン 肌の保湿力を高めるサプリメント 原材料名

還元パラチノース、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、セラミド含有米抽出物、豚プラセンタ抽出物/ビタミンC、セルロース、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ヒアルロン酸

肌へのアプローチをするサプリメントだけあって、セラミドヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている事が分かります。

栄養成分

メディスキン 肌の保湿力を高めるサプリメント 栄養成分

エネルギー:2.1kcal
たんぱく質:0.2g
脂質:0.01g
炭水化物:0.4g
食塩相当量:0.0006g
ビタミンB2:1.1mg
ビタミンB6:1.0mg
ビタミンC:80mg
ナイアシン:11mg
[機能性関与成分]米由来グルコシルセラミド:1.8mg

肌を綺麗に保つために欠かせないビタミン類がいくつも含まれている事が分かります。

「肌の保湿力を高めるサプリメント」は機能性表示食品

パッケージにも大きく書かれていますが、この商品は機能性表示食品になります。

メディスキン 肌の保湿力を高めるサプリメント

届出表示には以下のように記載されています。

メディスキン 肌の保湿力を高めるサプリメント

「本品には、米由来グルコシルセラミドが含まれます。
米由来グルコシルセラミドには、肌の保湿力(バリア機能)を高める機能があるため、肌の調子を整える機能があることが報告されています。」

「米由来グルコシルセラミド」という成分が含まれている事で、機能性表示食品として表示できているようです。

「米由来グルコシルセラミド」とは?

肌のバリア機能を正常に保つ為には、セラミドという成分が大切だという事はよく知られています。

このセラミドは、表皮の一番上の層の角質層に存在していて、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の約50%を占める成分です。

メディスキン 肌の断面図

この細胞間脂質(油分)が水分をサンドイッチのように油-水-油-水-油と挟み込むことで肌の水分をしっかり保持しています。

セラミドが不足すると、肌が十分な水分を持てなくなり、乾燥肌や敏感肌などの様々な肌トラブルに繋がってしまいます。

「米由来グルコシルセラミド」はそんな肌の保湿力に欠かせないセラミドの素になっている成分です。

「米由来」というのは米から作られているという意味で理解できますが、「グルコシルセラミド」とはどのような成分なのでしょうか?

「グルコシルセラミド」はセラミドの素になる成分

グルコシルセラミドはスフィンゴ糖脂質の一種で、セラミドとグルコースが結合したものを呼びます。

セラミドと名前がついていますが、セラミドとはまた違う成分と理解しておいた方がいいですね。

セラミドは表皮の一番上の角質層に存在しますが、グルコシルセラミドは表皮の角質層の下の基底層から顆粒層に存在します。

なぜ違う部分に存在するかは、セラミドが作られる過程に理由があります。

セラミドは肌が生まれ変わるターンオーバーの際に生成されます。

ターンオーバーは肌の表皮で行われていて、表皮の一番下にある基底層という所で新しい細胞が生まれ、それが徐々に一番上の角質層まで上がってきて剥がれ落ちて行く、その過程をターンオーバーと言います。

このサイクルは身体の部位によって違いますが顔の場合は4週間ほどで新しい細胞と入れ替わると言われています。

セラミドは角質層の下の顆粒層にある時には「グルコシルセラミド」として存在し、角質層まで上がってきた時にセラミドになります。

この為「グルコシルセラミド」はセラミドを作る為に必要な成分であると言えます。

東洋新薬では、そんなセラミドの素である「グルコシルセラミド」に着目して肌の保湿力を高めるサプリメントを作ったのではないかと考えられます。

「グルコシルセラミド」の役割

「グルコシルセラミド」には保湿効果など様々な効果が期待できます。

保湿効果

細胞同士を密着させることで、水分保持力を高めて、バリア機能が正常に働き肌の潤いを保つことができます。
そのため肌の乾燥を防ぎ、乾燥からくる様々な肌トラブルにも効果が期待できます。

アトピー改善

アトピー性皮膚炎の場合には、肌のバリア機能が低下していることが考えられますので、グルコシルセラミドによってバリア機能が高まれば、アトピー性皮膚炎の症状を緩和することができると考えられています。

アンチエイジング

肌の老化を抑える抗酸化作用や、シワやシミの原因になる酵素の働きを抑制する作用があり、アンチエイジング効果があるとも期待されています。

グルコシルセラミドは食物の中に存在する

グルコシルセラミドは小麦や米、トウモロコシ、大豆、こんにゃく芋などに多く含まれています。
今回紹介しているメディスキンのサプリは「米由来グルコシルセラミド」ということですから、お米から抽出しているグルコシルセラミドということになります。

1日に必要な量の「グルコシルセラミド」を食物から摂取するのは難しい

1日に必要な量のグルコシルセラミドは600μg(マイクログラム)と言われており、それを食物から摂取しようとすると、白米お茶碗25杯分、玄米10杯分、生こんにゃく100gにもなります。

そのため、グルコシルセラミドは高濃度で配合されたサプリメントで摂るのが効率的であると考えられます。

メディスキンの肌の保湿力を高めるサプリメントには、製品2粒中に米由来グルコシルセラミドが1.8mg含まれています。

1日に必要な量のグルコシルセラミドは600μg(0.6mg)ですから、3倍の量のグルコシルセラミドが含まれていて、かなりの高濃度であることが分かりますね。

実際に20日間飲んで検証

冬は特に肌の乾燥が気になりますが、実際に効果があるのかどうかを検証するために、20日間このサプリを飲んでみることにしました。

服用前の肌診断

自分で肌の状態が敏感に分かる人もいると思いますが、客観的な結果が欲しいと思ったので、服用前に化粧品カウンターで自分の肌状態をチェックすることにしました。

今回は、SK=Ⅱさんのカウンターで肌診断をされていましたので、そちらで肌状態をチェックしてもらいました。

SK=Ⅱ マジックリング

出典:SK=Ⅱ

マジックリングという肌分析マシンを使って、顔の左半分を撮影してもらい、タブレットに年齢や肌で気になる部分などの簡単な質問にも答えたりして必要事項などを入力して、同年齢の女性の肌と比較して、自分の肌状態、肌年齢を出してもらいました。

結果がこちらです。

SK=Ⅱ肌診断 服用前

タブレットで出された結果をリーフレットに書き写してもらったものですが、実際はタブレット画面を見ながら自分の肌状態について詳しく説明してくれます。
 

        スコア  肌年齢
キメ       82%   30歳
ハリ       44%   41歳
シワ       50%   40歳
シミ・くすみ   63%   36歳
ツヤ       56%   38歳

普段から乾燥が気になるので、スキンケアは念入りにしていたせいか、肌のキメ細かさについては実年齢40歳ですが10歳も若い結果がでました。

しかし、ハリは平均以下であることもわかります。
シワやツヤも平均値あたりなので、特別良い状態とも言えません。

シミやくすみについては平均よりも上ではありますが、タブレット画面では、シミやシミになりそうな部分が表示されていて、かなり多く、こんなにあるのだとショックでもありました。

服用開始

この肌診断をしてもらった次の日からサプリを飲み始めました。

箱の中はアルミのパウチが入っていて、その中にタブレットタイプのサプリが入っています。

1日あたりの摂取目安量は2粒です。

メディスキン 肌の保湿力を高めるサプリメント

飲む時には水かぬるま湯で飲みます。

1箱に40粒入っていますので、1箱で20日分ということになります。

メディスキン 肌の保湿力を高めるサプリメント

それまでのスキンケアを変えることなく、同じことを20日間続けました。

20日間服用後の肌診断

20日間経った後に、再び肌診断を行ってもらった結果がこちらです。

マジックリング 服用後 結果

下の数字が服用前、上の数字が服用後の数字です。

黄色い五角形が服用前、白い五角形が服用後の数値ですので、ほぼ全体的に良くなっているのが分かります。

比較しやすくする為に、服用前後の数値を表にまとめました。

  服用前 服用後
キメ 82 95 +13
ハリ 44 67 +23
シワ 50 67 +17
シミ・くすみ 63 56 -7
ツヤ 56 67 +11

「シミ・くすみ」以外のスコアはいづれも10%以上アップしていました。

特に「キメ」は保湿が十分されている証拠であり、このサプリの効果が表れているのではないかと思いました。

しかし、SK=Ⅱの店員さんの話によると、その日の体調や天候などにも左右されるそうです。

確かに、この日は雨がぱらぱらと降っていて湿度は高い状態ではありました。

また、気温も服用前に比べると温かくなっていましたので、それらの天候の違いが肌状態に影響を与えていることも考えられます。

そのため、この結果だけでサプリメントの効果があったとは言及できません。

ただ、たとえ湿度が高かったにしても、10%以上も数値が上昇していますので、何らかの効果があったのではないかと考えても良いのではないかと思いました。

「肌の保湿力を高めるサプリメント」の価格

気になる値段ですが、アマゾンでは2480円、楽天では1888円と、販売サイトによって差があるようです。

20日分で2000円前後という価格が高いか安いかは人それぞれだと思いますが、化粧品でも高い物は数千円しますし、シリーズでそろえると1万円になるものもありますので、効果を実感出来れば特別高い値段ではないと思います。

ダイエット中も綺麗な肌で

肌の保湿力を高めるサプリメント

食事制限などのダイエットは、肌を健康に保つための栄養素まで不足して、乾燥肌や敏感肌になってしまうというトラブルが起きやすいです。

「肌の保湿力を高めるサプリメント」はダイエット中の肌ケアという目的で作られている訳ではないので、ダイエット中かそうでないか、過度な食事制限があるかないかによっても結果は変わってきますし、他のサプリ同様に効果の実感には個人差があります。

しかし、今の肌状態に不満がある人や、色々なスキンケアを試してきたけれど効果が実感できなかったという方は一度試してみても良いかもしれません。

体重が減って理想の体型になったとしても、肌がぼろぼろでは人前に出る事も躊躇してしまいますので、ダイエット中でもスキンケアはしっかり行って肌のバリア機能を正常に働かせて、体型の肌の状態も綺麗に保ちたいものですね。

実際に試したダイエットサプリの中で一番のおすすめを紹介

今まで相当数のダイエットサプリを自腹を切って購入し、自身の体で試してきた僕が最も痩せたおすすめダイエットサプリを紹介します。

⇒【2018年版】最も痩せたダイエットサプリ

⇒【2017年版】最も痩せたダイエットサプリ

あなたにおすすめの記事

コメントを残す