ダイエットサプリ2018 最も痩せたおすすめサプリはコレだ

※2018年11月12日に更新しました

≪このページに書かれてあること≫
〇信憑性の高いダイエットサプリランキングとは?
〇ダイエットサプリの効果について
〇ダイエットの王道とは
〇2018年に実際に飲んだダイエットサプリ一覧
〇今年一番痩せたダイエットサプリ

→僕が今年一番痩せたダイエットサプリをご覧になりたい方は
こちらをクリックしてください

信憑性の高いダイエットサプリランキングを作るにあたって

文字だけの口コミレビューの信憑性の低さについて

楽天やAmazonなどを見ると、その商品の口コミレビューがたくさん掲載されています。

僕も楽天やAmazonで何かを購入するときはその口コミレビューを参考にするのですが、「あくまでも参考程度」です。

なぜなら、純粋にその商品を評価してくださっている方も多数いらっしゃると思いますが、中にはステルスマーケティング(それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うこと)などの口コミレビューも多分に混じっているからです。

あるいは、商品Aのライバル商品Bを販売している業者が商品Aの口コミ欄に意図的に悪い口コミを投稿し、評価を下げているというようなことが行われている可能性もあります。

信用できる評価と怪しい評価の見分け方

例えば何かの商品に1000を超える非常に多い評価レビューが付いたとき、もしそれが本当に良いものであれば、下記のように星5が最も多く、星1に近づくにつれて評価が少なくなるようなデータになるのが普通です。

信用できる評価の付き方

ですが、たまに下記のような評価レビューの付き方を見かけます。

怪しい評価の付き方

不自然に星5と星1の両極端に分かれている評価データですが、皆さんも同じようなものを見たことがあるのではないのでしょうか?

こういう場合は、どちらかの評価に意図的な操作が行われている疑いが高いです。

本来は星1が多いのに、製品を開発した自社が、全体評価を上げて商品を売れやすくするために、意図的に良い口コミを投稿しているのか、あるいは、本来は星5が多いのに、ライバル業者が陥れるために星1に多く入れているのか…どちらかは分かりませんが、そのようなことが行われている可能性は非常に高いでしょう。

これは1つの例ですが、このように文字だけの口コミレビューでは、信憑性が低くならざるを得ないというのが現状です。

自分で試して自分で計測・評価するのがベスト

そうなると、本当に信頼できるダイエットサプリランキングを作るには、自分で買って自分で使って自分で試してみるしかないという結論になるわけです。

その場合の条件として、1人の人間で試す必要があります。

年齢・性別・現在の体重・現在の体脂肪率が異なる人間に、それぞれ異なるダイエットサプリを試して貰ってダイエットサプリの優劣を決めるのはナンセンスですよね。

複数のダイエットサプリの優劣を付けるためには、同じ条件の人間で試す必要があります。

年齢・性別・現在の体重・現在の体脂肪率などがほぼほぼ一致する人間を複数集めて、それぞれ異なるダイエットサプリを試して貰うのが早いですが、実際問題、それらの項目がすべて一致する人間をかき集めるのは不可能で、ソレを行うのは現実的には不可能です。

なので、1人の人間で全部を試す必要があるわけです。

ちなみにこのページに掲載しているダイエットサプリは2018年に使ったダイエットサプリだけですが、僕は過去に物凄い数のダイエットサプリを飲んできました。もちろん、数粒だけとかではなく、1袋まるまる全部を飲んで、体重・体脂肪率の推移を記録してきました。

ここまでしている人を見たことがないので、おそらく僕は日本で最も多くの種類のダイエットサプリを飲んだ男だと思います。(※今まで飲んだダイエットサプリはトップページに掲載してあります。)

あくまでも一個人のデータであること

とはいえ、一人の人間で試したとしても、平等な測定ができるわけではありません。なぜなら同じ人間でも、時期によって年齢・体重・体脂肪率が異なってくるからです。

例えば同じダイエットサプリでも、体重が80kgのときに試すのと、70kgのときに試すのとでは当然結果が異なってきます。

ですから、ダイエットサプリの良し悪しは単純に体重の増減だけでは測定できません。

極端な話、条件次第では5kgのダイエットに成功したダイエットサプリよりも、2kgしか減らなかったダイエットサプリの方が良かったというケースもあり得ます。

また、便通改善やお肌の変化具合によって、体重は減らなかったけど、おすすめ出来るということもあります。

このように、ダイエットサプリの優劣を付けるにあたっては、ある程度は主観的な意見が入ってしまいます。

ですから当サイトに書いています僕の意見は、あくまでも一個人の意見であるということをご理解頂ければと思います。

できれば僕のような測定と記録を行っているサイトがウェブ上に乱立し、沢山の信憑性の高いサイトを皆さんが閲覧出来るような検索環境が整うのが理想的だと思います。

ダイエットサプリの効果の範疇について

ダイエットサプリは薬ではなく「健康食品」

僕の動画でも散々言っていることですが、ダイエットサプリは決してお薬ではなく、その殆どが健康食品です。

大抵のダイエットサプリのパッケージに書かれている飲み方には「水かぬるま湯に混ぜてお召し上がりください」と書かれています。

薬だったら「お召し上がりください」なんて書き方はしませんよね。カテゴリーとしては「食品」だから「お召し上がりください」と書かれているのです。

薬には熱を下げたり、痛みを和らげたりという効果がありますが、食品にはそこまで顕著な効果はありません。

肥満・メタボリックも今や立派な社会問題となっており、国が予防・対策を行っています。

実際、国がダイエット薬を出しているのですが、僕が知る限りでは脂肪を溶かして排出させるという類のものではなく、満腹中枢を刺激して食べ過ぎないようにするというものです。

薬ですらそれが限界なので、健康食品にそれ以上の効果が期待できるとは思えません。

「飲むだけで痩せる」は間違い

上でも書きましたが、僕はおそらく日本一たくさんの種類のダイエットサプリを飲んできました。

その僕がダイエットサプリに対して言えることは、飲むだけで痩せるなんていうものは無いということです。なぜなら、ダイエットサプリはあくまでも食品なのですから。

よく「飲むだけで10kg痩せた」というようなフレーズと共に、ビフォー&アフター写真でブヨブヨの体がシュッと引き締まっている広告を見ますが、あれは十中八九、商品を購入させるための誇大広告です。

誇大広告の特徴

最近では、ブログやフェイスブックなどでそのような誇大広告をよく見ますが、某有名番組、あるいは某有名芸能人の写真を無断で使用し、それらと商品が関連性があるようなことを匂わし、次に本当かどうか疑わしい短期間激痩せのビフォー&アフター写真を掲載、そして最後には「残り〇個」「今日までのキャンペーン」などと限定性を匂わし、閲覧者に即決させて購入させる手法です。

これはその商品の販売業者が出している広告ではなく、お金を儲けることしか考えていない悪質なアフィリエイターが出している誇大広告だと思われます。

商品の販売業者としてはイメージダウンになるので取り締まりたいところですが、どこの誰が出している広告なのか分からず、また、そのような広告は一瞬だけ登場し、すぐに消えてなくなるので、対応が追い付かず、放置せざるを得ないというのが現状だと思います。

未だにそのような広告が横行しているのは、それを見て購入する人々がいるからなのですが、そういう悪質なページは僕みたいなウェブ制作業の人間が見ればすぐに分かるのですが、精通していない方々は騙されてしまいます。

有名番組・芸能人で権威付けをし、驚愕なビフォー&アフター写真で視覚的に訴え、最後に限定性を掲げて購入させるのは、もはやテンプレート化しています。

最近は本当によく見かけるので、皆さんも見かけたらこれがそうかと思うはずです。そういうページを見かけたら、すぐにブラウザバックしましょう。

ダイエットの王道は「食事制限と運動」

最後にダイエットについてですが、これはもう食事制限と運動を行うしかありません。

そして、どちらか片一方だけではダメで、両方行って初めてダイエットになります。

食事はケトジェニックダイエットを意識して摂るのがおすすめです。まずは晩御飯の白米の量を半分に減らすことから初めてみてください。食べる炭水化物の量を減らします。その代わり、おかずを多くしてもOKです。おかずは肉・魚、野菜などを食べてください。それを続けてたら、最初のうちはすぐに体が軽くなることを実感できるハズです。

糖質を意識して食事に気を使うだけでもある程度は簡単に痩せれるのですが、それに運動が加わると効果が倍増します。

ダイエット運動には大きく分けるとランニング系有酸素運動と、筋トレ系無酸素運動があります。

有酸素運動は内臓脂肪を落とすのに効果的で、今まで運動の習慣が無いメタボリック体系の方が、日に30分、週に2~3回程度のジョギングorウォーキングをすれば、一ヵ月後くらいには人から「なんか痩せた?」と言われるくらいは体型に変化が見られます。

対して皮下脂肪を落とすためには食事制限にプラス筋トレが必要です。

ジムに通って教えて貰いながらやるのがより良いのですが、それをするのが生活習慣的に難しい方は、自宅で我流の自重トレーニング(自分の体重を使ったトレーニング:腕立て伏せなど)を行ってもいいと思います。

それもなかなか続かない方は、毎日10分程度、ストレッチを行い続けてください。これだけでもある程度は痩せれます。

意外と知られていませんが、ストレッチはダイエットに効果的なのです。ストレッチをし、可動域を広げ、普段使っていない筋肉を動かしやすくするだけでも消費エネルギーの増加が見込め、ダイエットに繋がります。

くどいようですが、ダイエットの基本は食事制限と運動です。

そのためのきっかけとしてダイエットサプリを購入するのはよいですが、「飲むだけで痩せたらいいな」と思って購入するのであれば、あなたのダイエットは確実に失敗に終わるでしょう。

あなたのダイエットのモチベーションアップを保ち、ダイエットの後押しを行ってくれるもの、それがダイエットサプリだと思います。

2018年に僕が実際に飲んだダイエットサプリ一覧とその評価

以下には2018年に実際に僕が飲んだダイエットサプリのみを掲載しています。

数粒だけではなく、約2週間から一ヵ月にかけて1袋全部を飲んで、前後の体重・体脂肪率の変化を記録してみました。

今年、僕が試した中で最も痩せたダイエットサプリは一番下に記載しています。

黒のパワーがたっぷり詰まった「黒しょうが+5つの黒スリム」

黒しょうが+5つの黒スリム
検証期間:2017/12/18から2018/1/18まで
痩身効果 :
コスパ  :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

黒しょうが+5つの黒スリムの特徴

黒しょうが、黒こしょう、黒たまねぎ、黒にんにく、黒はちみつの5つの黒のパワーが入ったダイエットサプリ。中でも黒しょうが(クラチャイダム)が代表的な成分で、ダイエットだけでなく、健康と元気を得られることを目的としたサプリです。

体重・体脂肪率の推移はこちら

公式サイト

YouTubeチャンネルでリクエスト頂いた「新ナップルGD」

新ナップルGD
検証期間:2018/1/29から2018/2/15まで
痩身効果 :
コスパ  :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

新ナップルGDの特徴

YouTubeチャンネルの方にリクエストをお寄せくださったので購入してみました。2月18日の沖縄フルマラソン大会までに一気に絞るために推奨目安量の最大10粒/日を飲み続けてみました。果たして体重は減ったのか…?詳細はレビュー記事をご覧ください。

体重・体脂肪率の推移はこちら

Amazon販売ページ

ドラッグイレブンでおススメされていた「生酵素x酵母」

生酵素x酵母
検証期間:2018/3/15から2018/3/31まで
痩身効果 :
料金価格 :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

生酵素x酵母の特徴

ドラッグイレブンのダイエットサプリコーナーを見たら、一番目立つところに配置されてあったので購入してみました。60粒入りとプレミアムの150粒入りの二種類がある模様。Amazonならもっと安くで買えるようです。

体重・体脂肪率の推移はこちら

スリランカのダイエットパワーを検証「コタラボ」

コタラボ
検証期間:2018年4月5日から2018年4月26日まで
痩身効果 :
料金価格 :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

コタラボの特徴

スリランカに自生するコタラヒムブツを使ったダイエットサプリ。コタラヒムブツは幻のハーブと言われており、現地の人々は古くから糖尿病の治療などに使っていたらしい。2002年にはWHO(世界保健機関)からその有効性が認められている。

体重・体脂肪率の推移はこちら

公式サイト

整腸作用・快便効果に期待「スマート菌」

スマート菌
検証期間:2018年7月2日から2018年7月16日まで
痩身効果 :
料金価格 :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

スマート菌の特徴

ドラッグイレブンに販売してあったスベルティのダイエットサプリ。4粒当たりに1300億個もの乳酸菌を配合。そしてキダチアロエやセンナといった下剤成分が入っており、整腸作用・便秘改善に効果が期待が持てます。

体重・体脂肪率の推移はこちら

Amazon販売ページ

トクホのダイエットドリンク「ナップルドリンク」

ナップルドリンク
検証期間:2018年8月1日から2018年8月11日まで
痩身効果 :
料金価格 :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

ナップルドリンクの特徴

以前試した新ナップルGD(錠剤タイプ)のドリンクバージョン。こちらは厚生労働省許可の特定保健用食品(トクホ)にもなっており、ダイエット効果により期待が持てます。

体重・体脂肪率の推移はこちら

Amazon販売ページ

小林製薬の第二類医薬品「ナイシトールZ」

ナイシトールZ
検証期間:2018/9/22から2018/10/14まで
痩身効果 :
コスパ  :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

ナイシトールZの特徴

こちらは健康食品(ダイエットサプリ)とは異なり、列記とした医薬品になります。防風通聖散をメイン成分とした第二類医薬品で、お腹の脂肪を落とす効果・効能が期待できます。

体重・体脂肪率の推移はこちら

Amazon販売ページ

2018年に一番痩せたダイエットサプリ「ニュースルスルこうそ」

 ニュースルスルこうそ
ニュースルスルこうそ
検証期間:2018年5月16日から2018年6月6日まで
痩身効果 :
料金価格 :
美肌効果 :
便秘解消 :
飲みやすさ:
総合評価 :

ニュースルスルこうその特徴

僕が過去に実践したダイエットサプリの中で最も痩せた『スルスルこうそ』にスマート乳酸菌がプラスされてパワーアップしたのがこの『ニュースルスルこうそ』です。
どのサプリが良いか分からない方は、取り合えずコレを買っておけば間違いなしでしょう。

体重・体脂肪率の推移はこちら

公式サイト

人気の記事はこちら

コメントを残す