「ダイエット杜仲茶」実際に飲み徹底考察!体質改善&基礎代謝アップなるか?

食事の時に飲むような普段使いの飲み物にもダイエットに良い物をと考えていますが、ドラッグストアやディスカウントストアでよく見かけていた、こちらの商品を飲んでみることにしました。

山本漢方製薬株式会社の「ダイエット杜仲茶」です。

ダイエット杜仲茶

ダイエット杜仲茶 (8g×24袋)

山本漢方製薬といえば、このシリーズの健康茶をいくつも販売していて、皆さんもドラッグストアなどで見かけているのではないでしょうか。

私はディスカウントストアで438円(税込)で購入致しました。

杜仲茶といえばダイエットティーとしてよく知られていますが、飲みにくいイメージがある方も多いと思います。

メーカーによっても味の違いがあると思いますが、こちらの商品はどんな味がするのか、杜仲茶のダイエット効果についても合わせてまとめてみました。

「ダイエット杜仲茶」の原材料と栄養成分

まずは、ダイエット杜仲茶の原材料と栄養成分を確認してみましょう。

原材料

ダイエット杜仲茶 原材料

ハブ茶、ウーロン茶、玄米、大麦、杜仲葉、大豆、ハトムギ、ギムネマ・シルベスタ、オオバコ種皮、どくだみ、ハスの葉、カンゾウ、高麗人参葉

名前が「杜仲茶」なので、てっきり「杜仲葉」だけで作られているのかと思いましたが、様々な材料が配合されている「ブレンド茶」で、パッケージにもしっかり書いてありました。

ダイエット杜仲茶

「杜仲葉」は前から5番目に書かれているので、配合量としては5番目になり、多く配合されているのは、ハブ茶Tウーロン茶のようですね。

どの材料がどのくらいの量配合されているのかまでは書かれていませんので、杜仲葉がどのくらいの量配合されているかを確認できない点に少し不安を感じます。

しかし、ハブ茶もウーロン茶も、そして、ギムネマ・シルベスタもダイエットティーにはよく配合されている材料ではありますので、ダイエットに特化している商品には間違いないようです。

栄養成分

次に栄養成分です。

ダイエット杜仲茶 栄養成分

お茶ですので栄養成分は0kcalかと思いましたが、2kcalほどあるようです。
しかし、このぐらいであればダイエットには全く気にならないぐらいのカロリーで、影響はないと考えてよいですね。

エネルギー:2kcal
たんぱく質:0.1g
脂質:0.1g
炭水化物:0.1g
ナトリウム:2mg
カフェイン:検出せず

杜仲茶の効果・効能

数年前から杜仲茶のダイエット効果についてはメディアでも取り上げられてきましたので、ご存じの方も多いと思いますが、ここでもう一度なぜ杜仲茶がダイエットに効果があるのか、その効能の秘密を調べてみたいと思います。

杜仲茶は日本で作られたお茶

杜仲茶というとウーロン茶やプーアル茶のように中国茶のイメージがあると思いますが、実は日本で作られたお茶なのだそうです。

中国では、五大漢方薬の一つとして杜仲の木の樹皮を煎じて薬などとして使う事はしていたものの、葉っぱは使っていなかったそうで、日本人が葉を使ってお茶を作りだしたのが、杜仲茶の始まりのようです。

「ゲニポシド酸」が内臓脂肪を落としてくれる

杜仲茶には「ゲニポシド酸」という成分が含まれていて、この成分が体内の脂肪を分解したり、コレステロールの吸収を抑制する働きをしてくれるようです。

また、副交感神経に作用することで血管を広げてくれるため血圧を下げる効果がありますので、高血圧を予防してくれるようです。

さらに、副交感神経が刺激されると腸内環境を整える働きにも繋がる為、便秘解消にも効果があると言われています。

アスペルロシドで基礎代謝アップ

杜仲茶にはゲニポシド酸の他にも「アスペルロシド」というダイエットに効果のある成分が含まれています。

アスペルロシドは、小腸で胆汁酸の分泌量を増やしてくれます。

胆汁酸というのは、脂質の消化や吸収を助ける消化液の成分であり、食事によって摂取した脂質が小腸の壁にこびりついて腸の働きを妨げるのを防いでくれます。

最近の研究で、この胆汁酸には脂肪燃焼を促す作用があると分かってきており、肝臓、筋肉、褐色脂肪細胞など脂肪を燃やしやすい細胞に働きかけて、脂肪の代謝を活性化させます。

その結果、基礎代謝が高まって内臓脂肪の減少に繋がるのだそうです。

胆汁酸ダイエットというダイエット法をご存じのかたも多いと思いますが、この杜仲茶を飲む事で胆汁酸の分泌が促進され胆汁酸ダイエットを効果的に行うことが可能になります。

むくみの解消

杜仲茶には利尿作用があるため、体内の余分な水分を外に排出してくれる働きがあります。

ダイエット中の方の中には、むくみで悩んでいる方も多いと思いますが、杜仲茶には脂肪を落としやすくしてくれるだけでなく、体内の不要な水分を排出してむくみまで解消してくれるというので有難いですね。

カフェインゼロ

お茶というとカフェインを気にされる方もいらっしゃると思いますが、このダイエット杜仲茶はカフェインがゼロなので、子どもでも安心して飲めそうです。

カフェインを控えた方が良い授乳中や妊娠中の方でも飲めると思いますが、摂取にあたっては主治医の先生にご相談下さい。

ダイエット杜仲茶の口コミ・評判

ここでダイエット杜仲茶についての口コミを集めてみました。
アマゾンにはレビューがありませんでしたので、楽天から集めています。

高評価のレビュー

「ダイエット杜仲茶」に高評価の方々のレビュー
○飲み始めてから、体も少し引き締まりました。体重も4キロ減りました。なによりもおいしいです。
○思ったより味もまろやかでカフェインが含まれていないことから、1歳半の娘とママと家族3人で毎日おいしくいただいています。パパは3ヶ月で5kgの減量に成功!
○いつも愛飲しています。「ダイエット」ブームで紹介されて始めました。ブレンド茶なので、薬臭い感じが全くなくて、飲みやすくなってます。
○自分は美味しいと思う。毎日飲みまくっていて二箱目、飽きない。もうちょい安ければなぁ。
○この杜仲茶はブレンドしてあって、杜仲茶独特のくせが消えていたのでおいしく飲めました。私は急須で飲んでいますが、パックを乾かしてまた使うので、表示されている量より飲めますよ。
○もうずっと長年1年中飲んでます。値段をひかくして手ごろなところで注文しました。漢方のわりには、薬臭くないところが気に入ってます。
○杜仲茶100%は、クセがあり、飲みにくいですが、ウーロン茶など、うまくブレンドされていて飲み易い杜仲茶です。
○もともと肥満体質で、健康・ダイエットを目指して購入しました。杜仲茶を飲みだして、病院の血液検査でも結果が現れてきました。

何年も飲み続けている方もいるようで、ファンの方々には人気の商品のようですね。

味について、杜仲茶100%のものはクセがあって飲みにくいが、このダイエット杜仲茶はうまくブレンドされていて飲みやすいというレビューも多かったです。

実際に体重が減ったというレビューもあり、また血液検査の結果が良くなったというレビューもありますので、長く飲み続けて効果があったという人もいらっしゃるようですね。

スポンサードリンク

低評価のレビュー

「ダイエット杜仲茶」に低評価の方々のレビュー
●まっずーい!!最悪!絶対品質落としているとしか思えない!前は香ばしくてすっげーおいしかったのに中身の梱包も変わり、とにかくまずくなった。もー絶対買わない。
●杜仲茶だけではなく他にも色々入ってるので健康には良さそうだなぁとは思いましたが、ダイエットとなるとうーんって感じですかね杜仲茶100%のものを飲んでいる時は便通が良かったので。

低評価のレビューは少なく、味が美味しくなくなったという意見と、杜仲茶100%を飲んでいた頃の方が便通が良かったというものでした。

味については好みもありますので、苦手な方は無理して飲むのではなく、自分に合った別の商品を探される方が良いですね。

また、杜仲茶だけを摂取したという方は、このブレンドされているダイエット杜仲茶では物足りなく感じるようです。

実際にダイエット杜仲茶を飲んだ感想

それでは実際にダイエット杜仲茶を作って飲んでみたいと思います。

中身はこのようなティーバックタイプになっています。

ダイエット杜仲茶

パッケージ裏面には煮出し、水出し、急須など、様々な作り方が紹介されています。

ダイエット杜仲茶 飲み方
ダイエット杜仲茶 飲み方

 
ダイエットには身体を冷やす冷たい飲み物よりも、温かい飲み物を飲んだ方が良いですので、私はやかんで煮出して作ってみました。

約700ccのお湯に1パック入れて10分程煮出して、耐熱のコップに注いでみたところ、烏龍茶のもっと濃いような色合いをしていますね。

ダイエット杜仲茶

香りは玄米のような香りがします。
飲んでみると烏龍茶のような渋味はないものの、玄米や麦のような味がします。

苦味や渋みは感じられず、慣れれば普段のお茶として普通に飲めると思います。
十六茶のような味にもにていますが、もう少し、麦茶感が強いようです。

普段の食事はもちろん、おやつにも合いそうです。

ダイエット杜仲茶

フルーツやケーキなど、甘い物に合わせると口の中がさっぱりするように思います。

朝食にパンを食べる方も、野菜ジュースやコーヒーの代わりとして、こちらのダイエット杜仲茶を合わせても味の邪魔をせずに食べることができると思います。

ダイエット杜仲茶

考察

実際に飲んで感じたこと、メリットやデメリット、効果的な飲み方について考察してみます。

飲みやすい

レビューの中にもありましたが、杜仲茶100%はクセがあって飲みづらいという方も多いようです。

しかし、このブレンド茶はそれ程飲みづらさを感じませんでしたし、数日飲んでいますが、子どもも抵抗なく、少し甘いぐらいの感覚で飲めているようです。

これまで、杜仲茶は飲みづらくて敬遠していた方はこの「ダイエット杜仲茶」であれば飲みやすく感じるかもしれません。

また熱々で飲む時よりも、常温ぐらいまで冷まして飲む方が独特の香りがなくなりますので、香りが苦手な方には飲みやすくなると思います。

コスパが良い

1袋で500cc作るとすると、毎日このお茶をメインに飲む場合には500ccでは恐らく足りないでしょうから、1日2袋(1000cc分)は消費するのではないかと考えられます。

1箱は24袋入りですから、12日分ということになります。

私は438円で購入しましたので、1日分は約36円という事になり、1か月では1080円ほどになります。

トクホや機能性表示食品のペットボトルのダイエット飲料を毎日購入することに比べれば、かなり安く済むと考えられます。

食事を置き換える必要がない

1食置き換えなどの必要がなく、普段の飲み物として飲む事ができるので、小さいお子さんがいる方でも、自分だけ置き換えをする事もなく、お子さんと一緒に飲む事ができますね。

手間がかかる

毎日ペットボトル飲料を買うよりはコスパがよく効果も期待できそうで、置き換えなどをする必要がないというメリットがある一方で、作る手間がかかるというデメリットもあります。

ペットボトルで煮出し、冷ましてウォーターポットや水筒に入れる手間がありますし、もしかすると大容量のウォーターポットをお持ちでない方は水出しすらも面倒と感じられるかもしれません。

特に一人暮らしの方、毎日仕事が忙しいという方には、この作る手間という点が引っかかる部分になると思います。

最近では、緑茶にも粉末タイプがありますので、このような煮出すタイプのダイエットティーも、粉末タイプがあると手軽で便利だろうなと思いました。

粉末タイプで、なおかつ1回分ずつ個包装されていれば持ち歩けますし、外出先でもミネラルウォーターを購入して混ぜてということもできるかもしれません。

食事と一緒に飲むのがおすすめ

杜仲茶は普段の食事の時に一緒に飲むのがおすすめのようです。

胆汁酸の分泌を促すという事を説明しましたが、胆汁酸は新しい方が良く働きます。

胆汁酸の量というのは決まっていますので、働きの悪くなった古い胆汁酸は外へ排出しなければ、せっかく杜仲茶を飲んでいても効果が薄れてしまいます。

では、古い胆汁酸はどのようにして排出したらよいかと言うと、食物繊維、特に水溶性の食物繊維の多い食材を摂取することで、古い胆汁酸が排出され新しい胆汁酸の分泌を促すようです。

そのため、なるべく水溶性の食物繊維の多い海藻類やこんにゃく類を合わせて摂取すると古い胆汁酸を効果的に排出することができます。

食物繊維は便秘解消にも効果がありますし、現代人は食物繊維の摂取量が減っていると言われていますので、この機会に食物繊維を積極的に摂る習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

注意点

杜仲茶にはミネラルが豊富に含まれているので、腎臓の弱い方はカリウムの過剰摂取に繋がる恐れがありますので、摂り過ぎには十分注意しましょう。

また、飲み過ぎはお腹が緩くなる可能性があるので、一度に大量に飲むのではなく、毎日続ける事で体調を整える事が重要になってきます。

普段使いのお茶として長い目で効果を期待しよう

毎日飲むドリンクとして、水やお茶類ではなく、ジュースや清涼飲料水などを飲んでいる人は、こういったダイエットティーを飲むだけでもカロリーや糖質の摂取をかなり抑えることができると思います。

ダイエット杜仲茶

急激な体重減少という目に見える効果は感じられないかもしれませんが、継続的に摂取する事で、基礎代謝のアップや便秘解消などの体内環境が改善され、さらに脂肪燃焼に繋がると考えられます。

肥満に悩んでいる方は、継続して飲み続けることで効果が期待できると思いますが、このダイエット杜仲茶を飲んでいるからと言って安心してカロリーや糖質の高い食事を続けていると効果は実感しにくいでしょうから、普段の食事にも気を使う必要がありますね。

また、肥満ではないものの、基礎代謝が低下していると感じる方や、今の体型を維持したい、太りたくないと考えている方が普段からダイエット杜仲茶を摂取することでも効果が期待できそうです。

実際に全部試した俺が発表するダイエットサプリランキング

今まで相当数のダイエットサプリを自腹を切って購入し、自身の体で試してきた管理人がおすすめダイエットサプリランキングTOP10を発表! ダイエットサプリランキングTOP10はこちら

あなたにおすすめの記事

スポンサードリンク

コメントを残す