メンタリスト・ダイゴさんのメンタリズムダイエット法

今や世界的にも有名で、テレビでも度々見かけるメンタリストのダイゴさん。

僕は初めてダイゴさんのパフォーマンスを見たときに、これは絶対にトリックだと思ったのですが、色々な番組や動画でダイゴさんを見続けて、今ではすっかりダイゴ信者になってしまいましたw

メンタリスト ダイゴ

出典:trendnews100.com

そんなダイゴさんがユーチューブでダイエットに関する動画をいくつかあげていたのでご紹介します。

メンタリズムならではのダイエット方法の中に、あなたに合ったダイエット方法が見つかるかもしれませんよ?

「何を食べないか」よりも「何を食べるべきか」

近年、糖質制限ダイエットが流行っていますよね。そのように食事制限ダイエットを行うときには、白米や甘いお菓子などを食べないようにするという方が多いと思います。

しかし「これは太るからダメ」「あれもダイエットに良くない」という風に食べないものを決めるよりも、どんなものを食べたら痩せやすいかということを考えて食事を行うとダイエットの成功率が上がるそうです。

大学の実験によると、食べるべきものを決めたグループの人々は66%(3分の2)の人々がダイエットに成功し、16カ月後に体重が元に戻ってないか調べたところ、リバウンドも無かったそうです。

ゆったりした服よりもピッタリした服を着る

これは非常に面白い話で、ゆったりした服を着る人は、ピッタリ肌に密着した服を着る人よりも太りやすいということです。

例えば刑務所の服はゆったり目に作られていますが、標準的な体重の方が刑務所に入ると、入所したころよりも太って出所するケースが多いそう。

なぜこのようなことが起こるかというと、ピッタリした服を着ると、無意識に脳が体を服に合わせなければいけないと働くからだそうで、逆にゆったりした服を着ると、それが働かないからというメカニズム。

ダイエットをしたい方や、ダイエット後にリバウンドしたくない方は、ちょっと無理してピッタリ肌に密着するような服を着てみるとよいかもしれません。

お菓子は目に見えないところに置く

これも有名な実験結果に基づくものらしいのですが、大量のキャンディをデスクの上に置いている場合と、引き出しの中に閉まっている場合とでは、キャンディを食べる量が3倍も違ってくるそうです。

目に見えなくて、取り出すのがめんどくさいところに仕舞うだけで、お菓子を食べる量が3分の1に抑えられるわけですから、ダイエット中には非常に効果的なですね。

簡単にできるダイエット方法の1つだと思います。

外食事ではメニューが少ないお店を選ぶ

人間はメニューの種類が多いと、食事量が増えるらしいです。ですので、ダイエット中に外食に行くときは、できるだけメニューの量が少ないお店を選ぶとイイそう。

これは家で食べるときも同様のことが言えて、種類が少ないほど食が進まなくなるらしいですよ。

確かにおかずが沢山用意されていると、ご飯を食べる量が増えそうですよね。

友人のダイエットを手助けしよう

「類は友を呼ぶ」と言いますが、あなたの友達はあなたの体型にまで影響するみたいですよ。

友人の考え方・習慣・感情などは、まるでウイルスに感染するかのようにあなたにも移るそうで、その中でも移りやすいのが肥満だそう。

友人が太るとなんと自分も2.7倍太りやすくなるらしいです。こんなの、たまったもんじゃないですよね…。

これを阻止するためには、友達が太りそうになったり、ダイエットをしているときは、積極的にそれを手伝うことです。

一緒にダイエットに取り組んで、成功を目指すと、より友情が深まりますね。

テレビを見ながら食事をしない

これも実験に基づく事実らしいのですが、テレビを見ながら食事を摂ると、食事量が1.5倍に増えてしまうそうです。

この理由は動画では述べられていませんが、推測するに、意識が食事に向かず、テレビに向いてしまうからだと思います。なんとなくですが、テレビに意識が向いていると、満腹中枢も刺激されにくいような気がします。

昔は「テレビを見ながら食事をするのは行儀が悪い」というような風潮がありましたが、もしかしたらこのような理由もあったのかもしれませんね。

ダイゴさんの動画は他にもたくさんユーチューブにあげられており、間接的にダイエットに使えるものもあるので、一度見てみると面白いですよ。

後回しすることで食べる量を減らす

これはニコル・シードという方がダイエッターの方を対象に行った実験なのだそうですが、以下のAとBの二つのグループに分けたところ、お菓子を食べれる状態になったときに、Aグループの人たちの方がBグループの人たちよりも、沢山食べてしまったそうです。

A.絶対にお菓子を食べたらいけない
B.今はお菓子を我慢するけれど、後で食べてOK

これはつまり、自分を律するために「絶対○○するぞ!」と強く決意すればするほど、その縛りが解かれた時の反動が大きいことを示しています。まさに食事制限ダイエットに失敗したときのリバウンド状態ですね。

これを回避するためには、Bのように「後回しにすること」が効果的だそう。

この場合ですと、「絶対にお菓子は食べない」とするのではなくて、例えば「12時間お菓子を食べるのを我慢してみて、続けられそうだったらそのまま何も食べないで1日過ごしてみよう。けど、どうしても我慢するのが無理だったら、決めた分だけ食べることをOKにしよう」という風に、後回しにすることで、お菓子を食べる量を減らすことができるようになるということです。

他にも色んなメンタリズム動画がアップされています

いかがでしたでしょうか?ダイエットとはあまり関係ありませんが、ダイゴさんの動画は他にもたくさんユーチューブにあげられています。

僕はウォークマンに全部入れて、ダイゴさんのメンタリズムを聞きながら夜ジョギングに励んでいますよ。

ダイゴさんの音源は、時間を忘れていつのまにか走り終わっているくらい面白い内容のものばかりですので、みなさんもぜひぜひ聞いてみてくださいね。

人気の記事はこちら

コメントを残す