安田美沙子さんに学ぶランニングダイエット

安田美沙子さんに学ぶダイエットランニング

安田美沙子さんといえばランニングをしているイメージがありますよね。いろんなサイトで安田美沙子さんがランニングしている画像や動画が目につきます。

なぜ安田さんがそこまでランニングに対し情熱を抱き続けることができるのでしょうか?ダイエッターとしては非常に気になるところです。

安田美沙子さんとランニングの出会いと彼女が感じるランニングの楽しさ

安田美沙子さんが初めてフルマラソンを走ったときのいきさつと感想、そしてランニングに対しての熱い情熱を彼女はこう語っています。

私とマラソンの出会いは、2008年の新年会でした。たまたまホノルルマラソンを走ったことのあるランナーの方がいて、その人に「フルマラソンを走ると何かが見えるよ」と言われて、直感的に「これは今やらないと一生後悔する」と思ったんです。それと私は、「これだけは誰にも負けない!」と言えるようなものをそれまで持っていなかったんです。だからフルマラソンを走れば自分にも誇れるものができるかな、と思って。

でも、初めて走ったフルマラソンはすっごく悔しい思いをして終わりました。走る前は「ゴールをしたら自分のことを褒めてあげよう」「これを最初で最後のフルマラソンにしよう」と考えていたんですけど、走り終えたら全然そんなこと思えなかった。逆に、「もっとできたはずなのに!」ってなっちゃって。それからですね、ランニングのとりこになったのは(笑)。

走っていて身体的に苦しいことはたくさんありますけど、でも、それ以上に得るものがたくさんあると思います。たとえば、普段の生活の中では自分と向き合う機会って意外と少ないですけど、走っている間は自分自身と対話することができる貴重な時間なんです。それと、フルマラソンを走ると、「この壁を乗り越えたらこれまでと違う自分になれるんじゃないか」って感じることができて、新しい自分と出会うこともできる。

ランニングを長く続けるコツは、「仲間をつくること」だと思います。私も最初はひとりで音楽を聴きながら走っていましたけど、だんだんとランニング仲間ができてきて、一緒に頑張ったり、悩みを聞いてもらったりするようになりました。しゃべりながら話すので息が上がったりしますけど、それもいい練習(笑)。今では、仲間たちと一緒に走るのは、私にとってすごく大切な時間になっています。

僕も週に2回ほど夜一人で音楽を聞きながらジョギングしていますが、やっぱ仲間と一緒に走った方が楽しいんでしょうね。でもなかなか知り合いがおらず、タイミングも合わないので難しいところです。今度父母と一緒に走ってみようかな(^^)?

安田美沙子さんのランニング上達術

 ランニング仲間をつくる!
ランニングを長く続けるコツは「一緒に走る仲間をつくること」だと思います。仲の良い人たちと走るとその時間がすごく大切なものになるから、自然と走るのが楽しくなってくるんです。

 「自分に勝つ癖」をつける!
大会などで苦しくなると、つい「歩きたい」って思っちゃうときがあります。けど、普段の練習のときから苦しくても歩かないようにして「自分に勝つ癖」をつけると、自然と本番でも歩かずに走れるようになるんです。

 山道を走る!
私は屋久島が好きでよく行くんですが、そのときに屋久島の山道を走るんです。すっごくきつい坂道なんですけど、最後までしっかり走り切る。それを経験しておくと、本番を楽に感じることができるんです。普段のレースでは、そんなにきついコースはないですからね。

安田美沙子さんのダイエット法

安田さんはランニング以外にも食事面でも普段から気を付けていらっしゃいますし、2011年7月13日のブログではゲッタマンが書いている「最強の7分間 仙骨ダイエット」の写真を載せています。記事中では「GETTAMANの言葉は、うちのバイブルです」とゲッタマンを絶賛しています。

食事面では特に炭水化物を抑えるように気を付けていらっしゃる様子。体を動かす安田さんですから、たくさん炭水化物を摂っているのかと思いきや、意外でした。

運動に食事、ここまで徹底しているからこそあの健康的な細さがあるのでしょうね。とても精神力の強い女性だと思います。僕も安田さんを見習ってダイエット頑張ろう!

人気の記事はこちら

コメントを残す