滝藤賢一さん激痩せダイエットに成功!

滝藤賢一さんが役作りで激痩せダイエットに成功

「滝藤賢一」という名前には聞き覚えが無いかもしれませんが、「ドラマ半沢直樹の近藤役の人」と言うと「ああ、あの人ね」と頭の中に顔が思い浮かぶ方も多いのではないのでしょうか。

その滝藤賢一さんがドラマの役作りのため、なんと10キロものダイエットに成功したとのこと。元々細身の体質なのに、さらに10キロもダイエットするなんて…。中村獅童さん西島秀俊さんも役作りで大幅な体重の減量に成功していますが、ほんと俳優さんて凄いですよね。日本全国の人々に見られているというプレッシャーがあるからダイエットにも力が入るのだと思います。以下は滝藤賢一さんのダイエット奮闘インタビューです。

「半沢直樹」の近藤が激やせ!役作りで10キロ減量

大ヒットドラマ「半沢直樹」で半沢と同期入社の近藤直弼役を演じたことで知られる滝藤賢一さんが、役作りのために1カ月で約10キロの減量をしたことがわかった。向井理さん主演の日曜劇場「S(エス)-最後の警官-」(TBS系)の第5話に登場することになり、ゲスト出演にもかかわらず減量に取り組み、すっかりげっそりとした表情に。滝藤さんは「現場の皆さんのプロ意識に負けたくないと思って、“マジ”で我慢しました!」と語っている。

滝藤さんが演じるのは、自殺志願者に銃弾を送る“神父”と呼ばれる男で、末期がん患者という設定。同ドラマの韓哲プロデューサーから、昨年末に役作りのためにやせてほしいと打診されたという。滝藤さんは「何度も心が折れそうになって、夜中に何度もチョコレートを買いに行こうと思ったかわかりません」と振り返り「これから、今日からはたらふく食って、しっかりリバウンドしてやろうと思ってます(笑い)」とコメントしている。

MANTANWEB 2月2日(日)6時0分配信

「何度も心が折れそうになって、夜中に何度もチョコレートを買いに行こうと思ったかわかりません」

一度でも本気でダイエットにトライしたことがある方ならこの気持ち、痛いほど分かりますね(涙)

滝藤賢一さんの壮絶なる下積み時代

「半沢直樹」近藤役でブレイクした滝藤賢一さんですが、実はドン底の下積み時代を送られていたようです。「スタジオパークからこんにちは」(NHK総合)でその歴史が語られました。

滝藤賢一さんは2008年公開の映画「クライマーズ・ハイ」で転機を迎えました。凄惨な事故現場を取材していくうちにだんだん病んでいく役柄です。続いて「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」にも出演。滝藤さんはこの頃の自分をこう語っています。

「引きこもっていて、4か月くらい家賃溜めちゃっていて。(顔の)T字のラインに赤い発疹がブァーって出ちゃってるくらい」
「もう何をやってもやっても(先が)見えないっていうんですか、今でも見えないですけどね。ていう時に受けたオーディションですね」
「(精神的にも肉体的にも)どん底でしたね」
「食べ物も喉通らないですしね、台本も離せない放せない状態でしたね。台本抱っこして寝てました」
「ほか何もやってなかったですし、もうこれしかなかったでしたから」

こんな壮絶な時代があったんですね。そしてそれを乗り越えてきた。だから今回のダイエットも頑張れたのではないのでしょうか。

滝藤さんのような生きざまを知ると、ダイエットが成功するかどうかは精神力の強さで決まるんだなって感じてしまいます。

人気の記事はこちら

コメントを残す