入浴ダイエット法

「世界一受けたい授業」で入浴ダイエットが紹介されました

本日放送された「世界一受けたい授業」で、お風呂の温度やお風呂の入り方などによってダイエット効果が得られる入浴法があるという内容が放送されました。

特にお湯やシャワーの温度が1度違うだけで体に与える影響が異なってくるという内容はとても斬新でした。

番組を見逃してしまった方のために、ここに記録しておきたいと思います。お湯の温度を1度変えるだけの簡単な方法なので、ぜひみなさんも実践されてみてください。

ダイエットに効果的なお風呂の入り方とは?

ダイエットに効果的なお風呂の入り方は、以下の2点。

①食事前にお風呂に入る

②40度のお湯に15分浸かる

 
①食事をすると、胃や腸に血液が集まるわけですが、お風呂に入ると血行がよくなり、全身に血液が分散されるため、食事前にお風呂に入った方が良いとのこと。食後すぐにお風呂に入ると気分が悪くなるのは、胃や腸に集まっていた血液が分散され、消化不良を起こすのが原因のようです。

また、食前に入浴することにより食欲が抑えられますので、間接的にダイエット効果が得られるようです。

 
②40度のお湯に15分浸かるのが、最もダイエットに効果的のようです。

最初の10分は普通に入浴し、次の2分間は足首を左右に動かしストレッチ、次の2分間は肩をぐるぐる回しストレッチ、残り1分は何もせずにゆっくり浸かります。

実際に番組にも出演されていた赤井沙希さんがこの入浴法を1週間継続してみたところ、体重が54.3kgから53.4kgへと減少。マイナス900gだとこの入浴法の効果なのかどうか正直断定できませんが、毎日の入浴をちょっと工夫するだけですので、やってみる価値はあると思います。

お風呂の温度によって得られる効果は様々

番組ではダイエット入浴法の他にも、お風呂の温度をちょっと変えるだけで様々な効果を得られるということが放送されていました。
 

仕事や運動の疲れを残したくないときのお風呂の温度

運動をする二日前に42度のお風呂に10分程度浸かると筋肉痛予防になるそうです。
 

眠気ざましに効果的なシャワーの温度

眠気を覚ますのに効果的なのは、43度のシャワーを2分間浴びることだそうです。

実際にモニターの方たちがこれを実践したところ、文字列の平均記憶個数が+7.2上昇し、計算力が40%アップしたそうです。

脳波を見ても、眠気を表すシータ派が下がり、潜在脳の情報を引き出すミッドα派が上がっていました。

また、温泉などに入った後の眠気を取るのに効果的なのは、足元に冷たい水を掛けることだそうです。そうすることにより交感神経を刺激し、眠気を覚ますことができるのだそうです。
 

お肌を綺麗にする入浴法

お湯に浸かりながら歯磨きをすると美肌ホルモンのパロチンが分泌され、お肌が綺麗になるそうです。赤ちゃんの口元が唾液で潤っているのは、このパロチンによるものだそうです。
 

加齢臭を消す入浴法

加齢臭を消すには、朝、41度のシャワーを1分間浴びるといいそうです。

実際に川合俊一さんが以下の条件の元、3日間実践してみました。測定したのは耳の裏ではなく、胸周りの匂いです。数値が高いほど加齢臭がキツイということです。

シャワーを浴びなかった朝:53
その日の夕方:87

41度のシャワーを1分間浴びた直後:15
その日の夕方:34

37度のシャワーを1分間浴びた直後:29
その日の夕方:44

このような明らかな結果が出ました。加齢臭が気になる方は、今度から41度の朝シャワーを1分間浴びるようにしましょう。

人気の記事はこちら

コメントを残す