冷やごはんダイエットにチャレンジしてみませんか?

冷やごはん最近では糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットなどのダイエット方法が騒がれるようになりましたよね。糖質・炭水化物、そのメインはずばり日本人の主食であるご飯なんですが、このご飯を食べないことで容易に体重を減らすことができることは僕も実際に体験済みです。

しかし日本に住んでいる以上、ご飯を抜き続けるのは不可能であり、一時的にご飯を抜いて減量に成功したとしても、ご飯を食べ始めた瞬間にリバウンドしてしまうということが分かったので、僕は炭水化物抜きダイエットは現在行っておりません。

そのご飯にまつわる新しい最新のダイエット情報が飛び込んできました。それが冷やごはんダイエット

なんでもご飯を冷やして食べるとダイエットにいいとかなんとか…。

一体どのような仕組みで冷やご飯を食べるとダイエットに効果的なのか、またその具体的方法とはどんなものなのかを調べてみました。

冷やごはんダイエットのメカニズム

ご飯を冷やすことによって、ご飯の主成分である「でんぷん」が「難消化性でんぷん」という成分に変質するそうです。この難消化性でんぷんは消化されにくいので、植物繊維と同じように腸内環境を整えてくれる効果があり、植物繊維と違いミネラルの吸収を妨げる恐れがないため、健康的なダイエットをサポートしてくれるというわけです。

また、難消化性でんぷんは糖質や脂肪の腸からの吸収を抑えるためインスリンが出にくく、血糖値が急激に上がらないという特徴があり、血中の糖分が脂肪になりにくいという性質があるそうです。

ダイエッターにとっては美味しくにっくき炭水化物の代表であるご飯を冷やすだけでダイエットをサポートしてくれる食品に早変わりするというのですから驚きですし、イイこと聞いちゃいましたよねsmiley

ただ、冷やしたご飯って…あんまり美味しくないという…sweat_smileまぁそこは調理方法でカバーしてみてください。

冷やごはんダイエットのやり方

冷やごはんダイエットのやり方ですが、ご飯の温度は厳密に計る必要はなく、指で触って熱くない程度であればOK。

冷やごはんダイエットのポイントはよく噛むこと。冷やごはんは温かいご飯よりも硬いため、よく噛んでしっかり細かくしてあげることが大切です。

噛むダイエット

ここでよく噛んで食べるということとダイエットの関係について説明したいと思います。実はご飯をよく噛むだけでダイエットの効果が得られることができまして、その理由の1つが「満腹中枢が刺激されて食事量が減る」ということ。よく噛むことで脳の視床下部にある満腹中枢が刺激されて、おなかがいっぱいになったというサインをきちんと感じられるようになりますので、少量でも満腹感を感じることができ、ダイエットに繋がります。

2つ目は「食事によって消費するエネルギー量がアップする」ということ。これはどういうことかと言いますと、食物を体内に取り入れるとそれを消化するために体がエネルギーを使うわけですが、よく噛むことでそのエネルギー消費量がアップするらしいです。これに関しては実はよくわかっていないのですが、単純に顎を動かす回数が増えるのでその分エネルギー消費量が多くなるということでしょうか。

いずれにしても食物を良く噛んで食べるということはダイエット的に非常に良いみたいです。目安としては1口食べるごとに30回は噛むようにするといいですね。

冷たいご飯に冷たいお野菜に冷たい麦茶…という風に冷たいものばかり口にしていると体を壊しかねませんので、温かいお味噌汁なども一緒に取るようにするといいですね。

もちろん冷やごはんだからといってパクパク食べすぎるのはNG。僕の知り合いで冷やごはんが好きな男性がいるのですが、その子、めちゃ太ってるんです…。なんでかって言うとめちゃ食べるんですよsweat

冷やごはん好きだからと言って決して痩せているわけではないので、食べすぎには注意してくださいねok_hand

人気の記事はこちら

コメントを残す