塩レモンダイエット

塩レモンのダイエット効果

①レモンのクエン酸が糖質の代謝を活発にし、効率よくエネルギーに変える。
②塩分摂取量を控えることに役立つことから、むくみ予防が期待できる。
③酸味や塩味によって唾液の分泌を促進し、消化酵素が糖質を分解し消化をスムーズにしてくれる。
④香り成分リモネンでリラックス効果有り。食べすぎを予防してくれる。

「塩レモン」とはレモンを丸ごと塩漬けにして発酵させたもので、北アフリカのモロッコでは調味料としておなじみだそうです。最近ではテレビなどでも取り上げられ、ブームの兆しをみせています。

塩レモンの作成方法

[材料]
・レモン3個
・粗塩 50~60g
・保存容器

工程1:レモンを切る
レモンをよく洗い水気を切ったら、ヘタを切り落とし、レモンの皮ごと半分を輪切りに、半分を乱切りにします。
(※レモンは皮ごと使います)

工程2:塩とレモンを詰める
保存容器に塩、レモンの順に交互に重ねて入れます。手で上から押してレモンの果汁を出すと塩とよくなじみます。

工程3:1週間ほど漬ける
冷蔵室で1週間ほど漬ければ完成です。保存目安は3ヶ月です。

塩レモンの活用

サラダや和え物に

「塩レモン」を使うことで、水分が抜けて歯ごたえがよくなり、食感がシャキッとします。キャベツ、人参、カブとささっと和えたり、野菜のマリネとしても活用でき、野菜をたくさん食べることができます。

炒め物や煮物に

「塩レモン」によって肉や魚のうま味が引き立つと同時に、だし調味料を使わなく済むなど塩分控えめにも役立ちます。野菜×肉、野菜×魚の炒めものや、スープの味付けとしても活用できます。

肉や魚介のメイン料理に

「塩レモン」を下味として使うことで身がやわらなくなったり、くさみが抑えられる効果があります。牛肉・豚肉・鶏肉・魚介類を、焼く・炒める・蒸すなど様々アレンジできます。

ドレッシングに

「塩レモン」を刻み、ごま油・ナンプラー・ニンニクと合わせればエスニック風のドレッシングに。また、ヨーグルトやハチミツを混ぜるとクリーミーなドレッシングになります。

あなたも塩レモンダイエットにトライしてみませんか?

塩レモンには、クエン酸、リモネン、ビタミンCなど健康維持に役立つ成分が豊富に含まれているので、継続することでアンチエイジングや美容効果も期待できます。

ただ体重を落とすのではなく、キレイに痩せたい方にオススメですね。

毎日自炊をする方や、料理好きの方は、ぜひご自宅で塩レモンを作り、食生活に取り入れられてみてはいかがでしょうか?

このページの参考サイト:[All about Beauty]http://allabout.co.jp/gm/gc/442754/

人気の記事はこちら

コメントを残す