シュッとスプレーして野菜や果物の農薬を洗い流す『ベジシャワー』の効果とは?

ダイットや健康を意識した生活をしていらっしゃる皆さんは、ほぼ毎日、または毎食のように何らかの形で野菜を摂取していると思います。

特に、酵素を取り入れる為には、加熱しないで生のまま食べるのが良いということで、生野菜のサラダ果物を日常的に取り入れる方も多いと思いますし、私もその一人です。

そんな野菜や果物を摂取する上で一番気になるのは農薬ではないでしょうか?

無農薬表示がある商品であれば安心できますが、スーパーなどの店頭に並んでいるもの、産直所でも、農薬の使用の有無が表示されていない商品がほとんどですよね。

もちろん農薬の使用については、国が定めた基準があり、指導や検査も行われていますので、農薬を使っていても、それは身体に影響がない安全な範囲で使用しているという事ではあります。

しかし、やはり、自然ではないもの、農薬を使っている食品は口にしたくないという方や、農薬はなるべく落としてから口に入れたいという方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

国が定めた基準は本当に安全なのかは信じるしかありませんが、やはりどこかに不安はつきものですよね。

先日、そんな農薬についての不安を解消してくれそうな商品を教えていただきました。
それがこちらです。

ベジシャワー

株式会社ジョイフルライフ 「ベジシャワー」(400ml)定価4,104円

 
「ベジシャワー」は、野菜にシュッシュッと吹きかけた後に水洗いするだけで、表面に着いた農薬や汚れを落とせるというものです。

今回は、この「ベジシャワー」について、実際に使用してみた感想などを含めてまとめてみたいと思います。

ベジシャワーとは?

先ほども書きましたが、ベジシャワーというのは、野菜や果物にスプレーしてなじませた後に、水で軽く洗い流すことで表面に付着した農薬などを洗いながしてくれるアルカリイオン水になります。

ベジシャワー 使い方

ベジシャワーはどんな成分からできているのか?

ベジシャワーはどんな成分からできているのでしょうか。

商品の裏面の成分表示を確認してみると、アルカリイオン水と書かれてあります。

ベジシャワー 成分

成分:アルカリイオン水
(純水99.9%、カリウム0.1%)

純水というのは、不純物をほとんど含まない、純度の高い水のことです。

カリウムというのは何だろうと思いベジシャワーの販売ページを見てみると、炭酸カリウムの事で、炭酸カリウムというのは、麺のかん水やこんにゃくなどに使用されている指定食品添加物だと分かりました。

しかしスプレー後には炭酸が抜けてほぼ純水になるそうです。

ほとんどが純水から出来ているという事で、安心して使えそうだと感じました。

ベジシャワーの洗い流す仕組み

農薬というのは水洗いである程度落ちるのではないかと考えている方もいるかもしれませんが、農薬を散布する前には展着剤という薬剤が撒かれていて、その展着剤の効果で農薬はしっかりと野菜に付着しているそうです。

展着剤とは?

展着剤というのは、農薬が付着しやすくするのを助けるために使われる薬剤になります。

植物の表面には水をはじくワックスや、細かい毛が生えていたりして、農薬が付着しにくい場合があるために、このような展着剤を最初に散布してから農薬を散布しているようです。

展着剤の主成分である界面活性剤によって、農薬がしっかり付着することができます。

展着剤自体には、殺虫、殺菌などの作用はないとのことですが、この展着剤が使われているということは、農薬が使われているのではないかと考えられますね。

ベジシャワーが農薬などを落とす仕組み

どのようにしてベジシャワーが農薬などを落としているのかについては、販売ページに分かりやすい図がありましたので、それを掲載します。

ベジシャワー 落とす仕組み

出典:ベジシャワー

野菜や果物の表面についている汚れはプラスのイオンを帯びており、そのプラスイオンにベジシャワーのマイナスイオンが吸着して、マイナスイオン同士が反発しあって汚れが落ちるという事のようです。

ビタミンなどの栄養素を逃さない

農薬を取り除くために、野菜を煮沸したり、長時間水につけて置く方法もありますが、それでは水溶性のビタミン類は流れ出てしまい、せっかく野菜を食べても、欲しい栄養素が全く含まれていないことになります。

その点、ベジシャワーはスプレーして、なじませて、サッと水洗いするだけなので、野菜の栄養素をキープしたまま摂取することができます。

実際にベジシャワーを使ってみました

では、実際にベジシャワーを使ってみたいと思います。

本体にスプレーをセットする

商品が届いた時には、このように本体とスプレーが別々の状態になっています。

ベジシャワー

本体の蓋をあけてスプレーを差し込みます。
ベジシャワー

少し傾けるだけでもこぼれそうなぐらい沢山はいっていますので、こぼさないように注意が必要です。

スプレーの根元にあるつまみがストッパーになっていて、これを動かすことで開閉できます。

つまみが前に向いていると閉じている状態です。
横にすると開いています。

【閉じている状態】          【開いている状態】
ベジシャワー 閉
ベジシャワー 開

 

ちなみに、上の写真では開いている状態の時にツマミを手前に向けていますが、逆方向に回しても大丈夫です。

ちょうどツマミの下あたりに「OPEN」という文字が印字されていますので、開閉の向きが分からない時はそこで確認することができます。

野菜や果物にベジシャワー

では、実際に野菜や果物にスプレーしてみたいと思います。
皮ごと食べる果物や、葉物野菜を中心に選んでみました。

レモン

レモンは皮にビタミンCが豊富に含まれているので、皮をすりおろして使う方も多いと思います。

ベジシャワー レモン

ベジシャワー レモン2

写真では見えずらいかもしれませんが、少し黄色くなっていますので何かしらの農薬が落ちているのではないかと感じます。

レモンを購入する時に店頭には「防カビ剤のイマザリルを使用しています」という表示がありました。

「イマザリル」というのは日本では認められていない農薬のようですが海外では使用が認められているものだそうです。

別のお店でもレモンを置いている場所には同じような表示がありましたので、気になって少し調べてみたところ、輸入品でレモンなどの柑橘類にはこの表示がされているものがほとんどのようです。

これらの農薬を避けるためには国産レモンを選ぶ必要がありますが、国産のレモンはまだ流通が少なく、輸入品のレモンしか手に入らない時もあります。

しかしこのベジシャワーがあれば農薬をしっかり落としてくれるということで、輸入品のレモンでも安心して使えそうです。

りんご

りんごを丸かじりする方もいるように、皮つきのまま食べる人も多いですよね。

ベジシャワー りんご

ベジシャワー りんご

レモンのような黄色っぽい色の変化はないように感じました。

ぶどう

ぶどうは、皮まで食べられるものと食べられないものがありますが、今回は皮まで食べられるものを購入しました。

ベジシャワー ぶどう

ベジシャワー ぶどう 洗う前

汚れがかなり出ているのが分かりますね。

単なる汚れなのか農薬が溶けだしているのかが分かりませんので、別の房を一度水洗いしてからベジシャワーしてみました。

ベジシャワー ぶどう

ベジシャワー ぶどう 洗った後

洗った後だからでしょうか、汚れはなく、また色の変化も無いように感じました。

パプリカ

パプリカもビタミンが豊富で生のまま食べる機会が多いですね。
購入したのは韓国産のパプリカになります。

ベジシャワー パプリカ

ベジシャワー パプリカ2

大きな色の変化はありませんでした。

人参

人参は皮に栄養があるということで、皮ごと料理に使われる方も多いと思います。

スポンサードリンク

ベジシャワー 人参

ベジシャワー 人参

色の変化はあまり無いように感じました。

トマト

ベジシャワーの販売サイトや動画で、トマトはかなり色が変わると知っていましたので、どの程度変わるものだろうと思いながらスプレーしてみました。

ベジシャワー トマト

ベジシャワー トマト

かなり濃い黄色になっています。

これは、先ほど書きました展着剤と反応してこのような色になっているようです。

展着剤自体には殺虫、殺菌などの効果はないものの、展着剤を使用しているという事は農薬を使用している事に繋がりますので、農薬が付着している可能性もあると考えられます。

小松菜

次は葉物野菜で小松菜です。

ベジシャワー 小松菜

ベジシャワー 小松菜

ほとんど色は出ていなかったように思います。

サラダ菜

次はサラダで食べる機会の多いサラダ菜です。
ベジシャワー サラダ菜

ベジシャワー サラダ菜

小松菜と同じくあまり色はでていないと思います。

サンチュ

次は焼肉などを巻いて食べる機会が多いサンチュです。

ベジシャワー サンチュ

ベジシャワー サンチュ

これも小松菜やサラダ菜と同じくあまり色は出ませんでした。

キャベツ

次は生野菜の定番のキャベツです。
ベジシャワー キャベツ

ベジシャワー キャベツ

お店に並ぶ時には外側の葉っぱは取り除いてあるからでしょうか、色は他の葉物野菜と同じくほとんど変わりませんでした。

さつまいも

次はポリフェノールが多く含まれるということで皮ごと食べる機会の多いさつまいもです。

ベジシャワー さつまいも

ベジシャワー さつまいも3

青っぽい色になっているのはアントシアニンと反応しているからだそうです。

玉ねぎ

皮は捨ててしまう人も多いですが、中には皮を湯煎してスープのだしに使う人もいます。

ベジシャワー 玉ねぎ 皮あり

黄色い色がでました。
皮をスープに使う場合には注意した方が良さそうです。

ちなみに皮をむいてスプレーしてみたところ、色はほとんど出ませんでした。

ねぎ

薬味としてよく使われるねぎです。

ベジシャワー ねぎ

ベジシャワー ねぎ2

それほど色は出ませんでした。

スプレーした後は水洗い

スプレーしたあとはサッと水洗いします。

ベジシャワー 水洗い
ベジシャワー 水洗い

 
汚れが気になる時には、ベジシャワーを吹きかけて1分ほど放置しておくと良いそうです。

考察

トマトや玉ねぎの皮は分かりやすく色がでていましたが、他の食材に関しては写真ではっきりわかる程には色の変化はありませんでした。

しかし、これは野菜や果物の生産方法によって違いがあると思いますので、野菜を購入する場所、地域によっても差があるのではないかと思います。

はっきりと色が変わったものは分かりやすいですが、それ以外のものについても、農薬が気になるという方はベジシャワーをする事で安心して野菜や果物を摂取できるのではないでしょうか。

野菜を洗う時にサッと吹きかけて洗い流すだけなので、面倒な手間もいらず簡単にできて手軽だと感じます。

農薬を落とす以外にも、近くのお店で手に入らなかったので今回は試していませんが、春菊はベジシャワーをするとシャキっとする効果もあるようです。

お米を洗う時にベジシャワーをスプレー吹きかけるとより綺麗にお米がとげるとも言われています。

ぬるぬるした手触りと手肌の乾燥

ベジシャワーをスプレーしている時に気づきますが、とてもヌルヌルした感触があります。
これはアルカリ性だからこのような手触りになるようです。

また、このヌルヌルした感触と関係していると思いますが、使用した後の手肌の乾燥が気になりました。

普段から台所まわりで水仕事をしていれば手の乾燥は気になりますが、このベジシャワーを使った時には、いつも以上に手肌の乾燥が気になりました。

ただ、水仕事のあとは必ずハンドクリームなどで保湿するので、私は特に気にせず素手で使用していますが、肌が敏感な方、手荒れの気になる方は手袋などを使用されると良いのではないかと思います。

ベジシャワーの購入方法と価格

ベジシャワー「あしたのわたしケアショップ」という販売サイトや、楽天、ヤフーショッピングでも取り扱いがあるようです。

1本あたりの価格はどこのサイトでも同じで、税込4104円で販売されています。

定期コースもありますので、一度使ってみて良いと感じて継続的に使っていきたいと考えるかたは、定期コースの方がお得ですね。

ベジシャワー 定期購入

出典:あしたのわたしケアショップ

1か月に3本届くコースにすると、1本あたりの金額が税込3,260円とかなり安くなっています。

ベジシャワーでまな板や包丁などの除菌もできる

ベジシャワーは食品だけでなく、包丁やまな板、シンク、スポンジなどキッチン周りの道具にも除菌効果があるそうです。

ベジシャワー キッチン用品

出典:ベジシャワー

ベジシャワーはpH12という数値で除菌に効果があることが実験で証明されています。
ベジシャワー 除菌

出典:ベジシャワー

「pH」というのは、酸性やアルカリ性を示す数値のことで、数値が小さいほど酸性が強く、数値が大きいほどアルカリ性が強くなります。

pH7というのが中性です。

基本的に汚れは酸性の物が多いので、アルカリ性のものでその汚れを落とすことになります。

pH8.0~pH11のものを「弱アルカリ性」と言い、これは洗濯洗剤などでよく耳にしているのではないでしょうか?

ベジシャワーは「pH12」ということですから、かなりアルカリ性が強いことが分かりますね。

それだけ汚れを吸着する力があり、除菌をする事ができるのだと思います。

1本で何役もの働きをしてくれるベジシャワー

ベジシャワー

ベジシャワーには食材に付着した農薬を洗い流すだけでなく、除菌の効果もありました。

販売ページを見ると、放射性物質の除去もできるようで、1本で何役もこなしてくれそうです。

用途によって色々な商品を使い分けるのは、面倒ですし、置くスペースも考えなくてはなりませんが、ベジシャワーが1本あれば、食品を洗ったり、キッチン用具を除菌したりと様々な用途で使う事が出来て便利だと感じました。

農薬などの心配をすることなく野菜や果物を食べたいと考える方や、お子さんのいるご家庭では、ベジシャワーが重宝するのではないでしょうか。

実際に全部試した俺が発表するダイエットサプリランキング

今まで相当数のダイエットサプリを自腹を切って購入し、自身の体で試してきた管理人がおすすめダイエットサプリランキングTOP10を発表!

ダイエットサプリランキングTOP10はこちら

あなたにおすすめの記事

スポンサードリンク

コメントを残す